Monthly Archives: 9月 2006

第1回ACEワークキャンプ 参加者一覧

第1回ACEワークキャンプに参加してくれたキャンパーのご紹介。

(写真をクリックして手のひらマークが出た場合、個人の感想にアクセスできます)


とし

とし



さよ

さよ



きゃぷ

きゃぷ



ぴろ

ぴろ


 

ゆみ

ゆみ

 


まなぴー

まなぴー



りさ

りさ



シニアサポーター


福田様ご夫妻

福田様ご夫妻



大原様ご夫妻

大原様ご夫妻



スタッフ


ともこ

ともこ



ひろみち

ひろみち



かずよ&けん

かずよ&けん


関連ポスト:

第1回ACEワークキャンプ参加 【ゆみ】

ゆみ

ゆみ

 

第1回ACEワークキャンプに参加させて頂いた、ゆみです。

中澤先生、和代さん、そしてロングハウスの皆様、お変わりなくお過ごしでしょうか? 

初めてのワークキャンプ、初めてのマレーシア、初めて出会う人々…初めてのことだらけの2週間に、緊張と少しの不安を胸に抱きつつ出発しました。しかし、到着すればそんな気持ちなんてすぐに吹っ飛んでいき、あっという間に2週間が過ぎていきました。

ワークキャンプでは、凸凹だった平地が、だんだんと平らな「土地」となり、柱が立って棟上
式が行われるまでの、建設のスタートの部分に携わることができて、本当に嬉しかったです。
その他にも、「もみ蒔き」の体験など、多くの異文化を体験することができました。

ロングハウスでは、皆さんがいつも明るく笑顔で私たちに接して下さり、子どもたちも元
気いっぱいで、イバン語を教えてもらったり、夕飯まで遊んだり、毎日楽しく過ごすことがで
きました。また、ロングハウスの皆さんは、自分たちのロングハウス内だけでなく、他のロン
グハウスの人々とも、お互いに助け合いながら、そしてお互いを尊重し合いながら生活をさ
れているということを感じました。その光景は、現代の日本では見ることができない、しかし、
かつての日本にもあったであろうものでした。「近隣愛」「家族愛」etc…うまく言葉にはでき
ませんが、そういった大きな「愛」をイバンの方々から感じました。

夜に行われたセミナーでは、キャンパーのみんなと意見交換ができとても勉強になりました。
このような感じで、感想を書き出すときりがないのですが、楽しくもあり、色々と学ぶべきこ
とも多くあったワークキャンプでした。自分には何ができるだろうか?このワークキャンプで学
んだことを、今後どう活かしていけるだろうか?はっきりとした答えはまだ出ていませんが、
これからじっくり考えていきたいと思います。

ロングハウスの皆さんが、快く私たちを歓迎して下さったこと、そして中澤先生ご夫妻を
はじめ、素晴らしいキャンパーとスタッフの皆さんに出会えたことを心から感謝します。再び
皆さんに会えることを楽しみにしています。

関連ポスト:

第1回ACEワークキャンプ参加 【ぴろ】

 

ぴろ

ぴろ

ワークキャンプを終えて

ワークキャンプを終え、日本に戻ってきた今感じることは、充実感とか達成感とか色々あるけれども、一番強い思いは寂しさだと思います。終わりを迎えることがこんなにも寂しいことだとは、本当に予想していませんでした。

この寂しさは、現地の方々と、あるいはキャンパー同士など、見も知らない人と人とが出会い、関係を築いていくことの素晴らしさを体験できた証明だと思います。

出来ることなら、帰りの飛行機をキャンセルしてでも残ってみたいという想いでしたが、とりあえず今は、このかけがえのない出会いが出来たことに満足したいと思います。

最後に、絶対に、もう一度あの場所に戻るという誓いをこめて。

マイケルさんをはじめとする現地の方々、中澤先生やスタッフの皆さん、シニアの方々、キャンパー仲間である、すちゅーでんとのみんなに「ありがとう」という言葉を捧げたいと思います。

「ありがとう」


関連ポスト:

第1回ACEワークキャンプ参加 【とし】

Toshi

Toshi

 

 

感想の代わりにMixiのコミニュティをご紹介します。
URLは下記の通りです。
http://mixi.jp/view_community.pl?id=1280526

 

関連ポスト:

第1回ACEワークキャンプ参加 【りさ】

りさ

りさ

このワークキャンプに参加して、沢山の人に出会うことができました。

現地の人、スタッフ、キャンパーなど含めて、みんなが尊敬すべき人たちでした。本当に多くのものを得ました。肉体労働あり、不便な生活あり、真剣な討論あり、まったりな会話あり、子供達との触れ合いあり、おじちゃんおばちゃんとの飲み会あり、セパタクローあり......

その一つ一つが、かけがえの無い経験すぎて全て合わせると一体何だったんだ?という感じさえします。確実に私のこれからの人生に影響を及ぼす出来事となったと思います。

関連ポスト:

商業音楽の音楽賞