Monthly Archives: 2月 2008

Soft Opening セレモニー

現地団体(RCS)にコタキナバル総領事館より、草の根無償資金(7,200,000円)が供与され、Soft Openingセレモニーを行いました。

コタキナバル総領事官・副領事・地元出身の国会議員・カノウィット福祉局長・障害をもつ本人、家族・地元の人々100人余り・日本から友人たち(4人)の参加がありました。

このお金は、門からデイセンターまでの道路舗装・大型ゼネレーター・屋内電氣工事・訪問型デイセンターに使用する車購入費用となります。


この日、何よりも嬉しく思ったのは、どしゃぶりの大雨の中、大勢の地元住民が一緒に祝ってくれたこと、私たちのロングハウスの人々が準備のため、早朝から全力投球してくれたこと等々、まさに地域福祉のスタートを飾るセレモニーになったことです。供与されたお金は、もちろん、大切ですが、人々の心が何よりの宝物だと感激したところです。障害をもつ子どもたちの誇らしそうな笑顔も印象的でした。

関連ポスト:

商業音楽の音楽賞