Monthly Archives: 4月 2009

第6回ACEワークキャンプ 参加者一覧

第6回ACEワークキャンプに参加してくれたキャンパーのご紹介。

(写真をクリックして手のひらマークが出た場合、個人の感想にアクセスできます)

えり

えり

 

ともこ

ともこ

 

トシ

トシ

ケイタロー

ケイタロー

関連ポスト:

国際ボランティア貯金

4月から国際ボランティア貯金20年度配分金(3回目)をいただくことが決定されました。
この配分金は2010年3月末までで、アジア地域福祉と交流の会(ACE)サラワク・バワン地区の事業に対するものです。

関連ポスト:

第6回ACEワークキャンプ参加 【えり】

 

えり

えり

 

イバンでは命あるものすべてがのびのびと、そして強く生きていました。
草木は自然のまま大きく育ち、土の中に強い根を張ります。
そして酸素を外に送り出し水を溜めます。

風は風を遮るものなど考えずのびのびと温かくて心地よい空気を運びます。
虫は草花の蜜を運び、また土の中で眠ります。
時に他の生きものを苦しめるほどの強さで噛みついたり毒を入れます。
鳥は大きな声で音楽を奏で朝を知らせます。
人間は大きな声で笑い、食べ、働きます。

それぞれが、本来の使命に従ってあるべき姿で強く生きていました。
草木は草木らしく、風は風らしく、鳥は鳥らしく、虫は虫らしく、人間は人間らしく…
生きものの本来の姿を感じることが出来る場所、そこがイバンでした。

イバンではその地にいるだけでたくさんのパワーをいただきました。

残念ながら日本では自然のパワーを感じることが少なくなってきています。
しかし自分の周囲だけでも少しずつ少しずつイバンで感じたことやイバンで学んだことを実践していこうと思います。
たくさんのパワーをありがとうございました。

またかならずイバンへ行きます。

 

 

 

関連ポスト:

第6回ACEワークキャンプ参加 【ともこ】

 

ともこ

ともこ

 

ロングハウスに着いた日の夜、そこには満天の星空が広がっていました。
今までに見たこともないくらい綺麗な星空で、このままずっと見ていたいと思うくらいでした。
そして、こんな素敵な星空が見えるこの場所で、これからどんな出会いや、出来事が
待っているのだろうと、ワクワクしながら布団に入ったことを今でも思い出します。

次の日からのワークキャンプは、私にとって驚きの連続でした。
たどたどしい英語と片言のイバン語で、ロングハウスの人たちと話をしたり、子どもたちと遊んだこと。
ムヒバのメンバーと、言葉は通じないかもしれないけど、気持ちは伝わっているな、と感じたこと。
アイアンウッドに、釘を打ち込みながら何度も何度も失敗したこと。
ゴトンロヨンの時に、イバンの人々のチームワークの良さに圧倒されたこと。
へびを生まれて初めて食べて、案外美味しかったこと。
夜遅くまで様々な議題で白熱した討論をしたこと…。
思い返すときりがないくらいです。

ですが、その中でもマイケルさんがイバン族についてお話してくださったことが、一番印象に残っています。
そのお話の中で、イバン族がロングハウスを造った理由に、「We respect,love and kind to one another」という言葉がありました。
まさに、イバンの人たちの優しさや温かさ、他を受け入れる心の広さのルーツの一つではないかなと思いました。
他を受け入れ、愛したり尊敬したりすることは、なかなか出来そうで出来ないことだと思います。

今日本で生活しながら、この言葉を思い出して自分自身を見つめ直すようになりました。
短い間でしたが、ロングハウスで感じたことや、考えたことは私の今まで狭かった視野を広げてくれました。
これも、本当に素敵なロングハウスの皆さんや健さん、和代さん、キャンパーのみんなと出会えたからだと思います。
ありがとうございました。

必ずまた、ロングハウスに帰ります。

 

 

 

関連ポスト:

商業音楽の音楽賞