Monthly Archives: 7月 2011

Muhhibahセンターの新しい門

Muhhibahセンターの新しい表門をご存知ですか?私たちのNGOとサラワク州政府との連
携が始まり、門の表示を新しくしました。これは、表から見たところです。

マレー語SELAMAT DATANGと英語WELCOMEで (いらっしゃいませ)と書いてあります。

(写真をクリックすると、もっと大きく見えます)

New Gate

New Gate

裏側は?

英語とマレー語、日本語で「さようなら」と書いてます。そして、この「さようなら」の字の素晴らしいこと!パソコンで行書体を印刷して持っていっただけなのに、こんなに上手に仕上げてしまうってスゴイですよね。来客が帰るときに、「さようなら、また来てくださいね」に心を込めて!

IMG_2022マラッカさんが描くのをメンバーが生き生きと手伝ってます。Muhhibahのあちらこちらにこんな風に楽しい表示。まさに自分たちで造りあげるMuhhibahです。

関連ポスト:

  • No Related Posts

いろいろ感じた“日本旅行”

日本から戻って1ヶ月、事後処理やらMuhhibahの溜まった仕事が一段落して、やっと日常に戻りつつある。これが日常なんだと、懐かしいような気分だ。東京での約2週間は、久々の帰国というよりは、さしずめ「日本旅行」といった感じで、何とも慌ただしかった。震災の被災地の知人を訪ねたかったが、取り柄のない年寄りが行っただけでは迷惑をかけるだけかと、遠慮した。時間のかかる復興だ。息長く見守って出来ることをしたい。日本の3週間は、毎日が変化に富んで、正直なところ少々疲れた。
とはいえ、やはり故郷。墓参りをし、孫たちに会い、曇り空の下で紫陽花を見、新しい東京スカイツリーを、中卆以来初めて会った友と間近で見た。もう何時どうなっても良いと思うくらいだ。いろいろ感じたこと思ったことがある。今を忘れないうちに、思いつくままに書き留めておきたい。
その一は、男性の服装の変化。圧倒的にネクタイ姿が減った。地下鉄の駅から駅へと地下道を歩く内、すれ違った男性たちで、ネクタイをつけた人はほんの数人だった。毎日注意してみたが、時間帯の違いは余りなかったようだ。東京で働いていた頃、毎日ネクタイ姿だったのが嘘のようだ。原発事故による節電の影響か。感慨深いものがあった。
その二は電車の中の携帯である。男も女も若い人も年配も、電車の中では圧倒的な人が携帯とにらめっこをしながら何やらしていた。正直ちょっと異様な光景に見えた。そういえば昔は本を読んでいる人が目立った。次の世代が、漫画マガジンとウオークマンの音楽、1990年代以降、どんなだったのだろう。そして今は、みんな圧倒的に携帯とにらめっこ。携帯はもはや携帯電話ではない。この次は何になるのだろうか。フゥーッ !ついて行けない!
日本に3週間いて、笑い声が恋しくなった。笑い顔をあまり見なかった。ボルネオのバワンの村の底抜けのような笑い声や笑い顔、ちょっとしたことで涙するイバン。笑いや涙が、暮らしには大事だなあと思った。
今は当たり前になっていることが、ふと不思議に思える瞬間がある。今回、コンビニを見て感じた。昔、お店は朝は8時半頃開いて夕方には閉まった。夜は休息の時間だった。ある時、セブンーイレブンというお店がやってきて、朝7時から夜は11時まで開いているという。衝撃だった。間もなく、様々なコンビニが出来て、24時間オープンが当たり前になるのに、さして時間はかからなかった。人間のどん欲なまでの便利さの追求。そして町は益々明るくなり、夜も活動時間に組み込まれた。何を得て、何を捨てたのだろうか。
そうそうもう一つ。颯爽と歩く若い女性の足が長く綺麗になった。いつの間にこんなに?どうして?・・・などと考えても分からない。ただ、ちらちら眺めさせて頂いた。これって、今時はセクハラって言われる?
そう忘れてはいけない、もう一つ。若い人の親切に触れた。東京の地下鉄で、サッと立って席を空けてくれた若者に、大丈夫ですよと言ったが、間の悪い思いをさせてはすまないと思い、有り難うと言って座らせてもらった。正直疲れていたので助かったというだけでなく、彼の動きの清々しさが気持ちよかった。翌日、再び今度は女性に席を譲られた。優先席の前ではなかったが、30代くらいの女性が気持ちよく席を空けてくれた。そういう歳になったかと2日続けてにはショックでもあったが、若い人の優しさが嬉しくて心が柔らかくなった。
たまに日本で、懐かしい人に新鮮な気持ちで会ったり、新しい出会いに巡り会ったり出来るのは、有り難いことだと思う。健康であればこそ。皆さん、熱中症にご注意を!

関連ポスト:

保護中: Muhhibahの森文庫-16

この投稿はパスワードで保護されています。表示するにはパスワードを入力してください:

関連ポスト:

保護中: Muhhibahの森文庫-15

この投稿はパスワードで保護されています。表示するにはパスワードを入力してください:

関連ポスト:

商業音楽の音楽賞