Monthly Archives: 3月 2012

ACEだより 第28号

第28号 2012.03.20発行
目次

  • みなさまに支えていただいて15年 中澤 健
  • 平成24年度特定非営利活動法人アジア地域福祉と交流の会
    通常総会のご案内
  • 第12回 ACE ワークキャンプ
  • ペナンACS近況 ACSスタッフの奮闘と広がり 内海 明美
  • Muhhibah トピックス

PDFで見るにはこちらをクリック
Google docs PDFで見るにはこちらをクリック

ace28_1

続きを読むには右下の【続きを読む】をクリック後、下のページ番号をクリックして下さい。

関連ポスト:

保護中: Muhhibahの森文庫-31

この投稿はパスワードで保護されています。表示するにはパスワードを入力してください:

関連ポスト:

保護中: Muhhibahの森文庫-30

この投稿はパスワードで保護されています。表示するにはパスワードを入力してください:

関連ポスト:

第12回ACEワークキャンプ参加者の声【めめちゃん】

 

2012.3.3 ken 1311

12回ワークキャンプに参加して

今回で2回目の参加だったワークキャンプ。一年ぶりに訪問したロングハウスやムヒバの人たちは私のことを覚えていてくれて、とても感動しました。

ここで私がいつも感じることは本当の豊かさです。豊であるという事は、決してお金で得られるものではないと気づかされます。ロングハウスの人のあたたかさ。ゴトンロヨンを中心として結ばれる集落を超えた絆。日本ではシステムやマニュアルに沿った人間関係を自分で作ってしまっていたのだと実感しました。考えるのではなく、感じる。ありのままでこそ、人って素晴らしいのだなと感じました。暖かい笑顔に囲まれ、帰って見返した写真に日本では決して見せたことのない笑顔を自分がしていたことに驚かされます。

そこでの生活は全てが自分でつくるもの。家や食べ物だけでなく、空間もその一つだと思います。CDやテレビから流れる音ではなく、ここでの音は、話し声や自分達で奏でる音楽、自然の音。豊かな音と人につつまれるそんな場所だと思いました。ここでの生活をいつも心に刻み、日本にも広げていきたいと思います。

こんなに素晴らしい経験が人生の中であるのだ、と実感したワークキャンプでした。イバンの人だけでなく、健さん、和代さん、そしてキャンパーのみんなともファミリーのように感じられるこのキャンプ。もう一度参加したいと思います。それに向けてイバン語を勉強したいと思います。このような機会を与えていただいた中澤夫妻に心からの感謝を。(めめ)

 

 

 

 

関連ポスト:

第12回ACEワークキャンプ訪問者の声【みなこさん】

 

2012.3.3 ken 1333

健さん、 和代さん、 まだまだ寒い日本に、昨日無事帰国しました。

シブでは大変貴重な経験をさせていただき、本当に有り難うございました。

お二人がお元気で楽しい日々を過ごされているのを拝見し、嬉しくなりました。

 

ワークキャンプも終わりを迎え、総仕上げの時と思いますが、きっと参加した若者一人一人の想いが何らかの形で実を結ぶ時があると思ってみていました。

お二人もお疲れ様でした!

 

いつかまた、ボルネオ島をゆっくり廻ってみたいなと思っていますので、その時にはまたムヒバやロングハウスの皆さんにお会いできるのを楽しみにしています。(みなこ)

 

関連ポスト:

商業音楽の音楽賞