Monthly Archives: 3月 2013

第14回ACEワークキャンプ参加者の声【りーちゃん】

 

525403_331788013606989_1772322947_n

りーちゃん

ワークキャンプを終えて

  色んなことがあって、色んなことを感じたので、うまくまとまらないのですが、少しずつ書いてみようと思います。

まず、私は今回2回目のワークキャンプでした。1回目のワークキャンプで初めてキャンパーと出会った時には、やっちゃんやひーちゃんというリピーターがいることをとても不思議に思いました。しかし、マレーシアで出会った全ての人との出会いやそこでの経験、『松原里香』という一人の人間として受け入れてもらえる心地良さに感動し、それを知ることができたため、今回はもう『行かずにはいれない!』的な感覚で迷わず参加しました。それに、前回のワークキャンプが最高だったから、今回はどんなワークキャンプになって、自分がどう感じるのかも知りたかったのです。

それで、『どうだったか』についてですが、当然だけど、全く新しいものでした。前回、自分たちが造り上げたものが、当たり前のようにそこにあって、ダム(池)に関しては、『まだこんなに感動できることがあるんだ』っていうくらい感動しました。ちょっと話がそれますが、ダム(池)については、13回目のワークキャンプ後、そこが池になるという構想を健さんから教えてもらった時、和代さんが

『私はそこに蓮の花を浮かべるのが夢なの。できるかどうか分からないけど、それが今の夢です。』

と教えてくれて、それに健さんは

『難しいかもしれないけど、夢ならそれはいつか叶うでしょう。』

と応えるやりとりがありました。私は、とってもとっても素敵な夢だけど、正直『本当に叶うのかなぁ?』と疑ってしまったのでそれをよく覚えていて、その上であの池を見たため、スタートしてすぐだけど思わず泣きそうになりました。まさに感無量、『夢って叶うんだ!』っていうのを実感して、嬉しくて仕方ない一時でした。

話を戻しますが、そうやって自分たちが造ったものを確認できること、大好きなムヒバやロングハウスのみんなとの再会という、リピーター故に感じられる感動、喜びを新たに知ることができました。そして更に、14回目のワークキャンパーやムヒバの新メンバーとの新たな素敵な出会いがあって、毎日の雨や、水が無いという生活などなど、『今、この時、この場所、このメンバーで』ということが、いかに貴重なことなのかを強く感じました。日本で、水や電気が自由に使えること、家族がいること、仕事をすることなども、『当たり前』に感じてしまっている部分があるけれど、それは本当にとっても有り難いことだと思いました。

今回、私はムヒバのメンバーのサディアさんに初めて会うことができ、一緒に糸を繋ぐ作業をしました。私はずっと日本語で話していましたし、さしてたくさん会話を交わしたわけでも無かったのですが、健さんが様子を見に来てくれた時に、サディアさんがサディアさん自身と私を指差して、笑顔で健さんに

『カワン(友達)、カワン(友達)』

と伝えてくれました。その瞬間、自分の心がパッと光ってあたたかくなって、心が自分の中のどこにあるか明確分かるという経験をしました。そして、それが私の大事だと思うこと、大事にしたいことなんだと分かりました。もちろん、目から液状の鱗もおちました。サディアさんとの出会いで知ることができた私の大事にしたいことは、具体的には今後どうしていくといいかまだ検討中ではありますが、まずは私が人と繋がっていく上で大事にしていこうと思います。

また、今回のワークキャンプには私の大切な人と一緒に参加しました。私は、『ワークキャンプで私が知ることができたことを、これからどのように周りに知ってもらうか』を課題にしているため、ごく身近な人ではありますが、それでも自分発信で誰かに知ってもらえたことが嬉しかったですし、それに応えてくれる人がいることが嬉しかったです。そして、彼と共にワークキャンプを経験できたことで、彼の大切さを改めて感じ、家族になる覚悟もできました。更には、私にも夢ができました。私は、もうさくとイバンのみんなのようなあたたかい家庭を築いていきたいです。この夢は、私一人では叶えることができませんし、大変なこともたくさんあると思いますが、今は夢なら叶うと信じています。そして、その夢と夢の実現が、私にとっての新たな『生きる力』にもなっていくと思います。

最後に、ここまで書いてきましたが、要するに私は、ムヒバやロングハウスのみんな、健さん、和代さん、土屋さん、ワークキャンパーのみんなが大好きです。本当に、全てのことに感謝しています。みんなのこれからが楽しみで仕方ありません。みんなが幸せで、たくさん笑顔でいられることをいつも願っています。私はとっても幸せです。本当にありがとうございました。

関連ポスト:

サラワク州カピット郡調査&計画

2012 年 9 月 12 日~年 9 月 16 日

事前調査

サラワク州カピット郡カピット町、ムジュン川、バレッ川流域(ラジャン川中流域上流に於ける障害児(者)の生活支援

 

IMG_0421

 

2012年9月・・・現地訪問

事業実施の背景と必要性

東南アジアの優等生とも言われるマレーシアは、多民族・多宗教であるが紛争や大きな対立がなく、街部の発展が著しい。しかし、ボルネオ島の辺地などは依然貧しく、電気、電話、病院、警察などもなく障害のある人たちは学校もにも行けない地域が少なくない。交通の便も悪く、ボートしか移動手段のない地域もある。こうした不利が重なり、さらに障害をもつ人々への支援の仕組みが、社会の健全な発展のためには欠かせない。しかし行政さえも把握出来ていないのが現実である。

事業の目標

地理的、社会資源的に不利な状態におかれている障害児(者)の生活の状態を把   握し、ボートなどによる家庭訪問型の支援(リハビリ)を継続して行い、障害を持つ人たちのQOLを高める。不利の重なる人たちの発達促進と地域全体の活性化はBHNそのものと言える。。併せて、NGOと行政の連携により、今後の辺地福祉モデルを構築する。

事業の対象者

ラジャン川(マレーシア、サラワク州の最長の川)中流域上流(シブの川岸から   スピードボートで2時間45分)に位置するカピット町周辺及びその上流のロングハウス約20棟、全体の関係者数(住民)は約2000~2500人程度、直接的なリハビリ対象の障害児者数は20人程度と推測される。

事業実施後、期待される成果及び活動

【成果】

(1) 行政も持たない初の少数民族散在地域の障害者の実状が掌握できる。

(2) 実状やニーズに基づく支援事業により、本人及び地域の活性化につながる。

(3) 地元有力者や行政の関心の高まり(マスメディア)による世論の変化が期待
出来る。

【活動】

(1) 様々な不利の重なる人たちへの支援モデルを作成、実施する。

(2) 行政と協力して、支援システムをつくり、公共に働きかける。

(3) 平成26年度中に正規事業とするため、車輌、ボートの購入計画を作成する。

事業実施チーム構成

エヴェラン ビジュ(PDK責任者)・ラオ シュウ ティング(理学療法士)・

Dr,ヒ-(小児科医)・チュウ・シオック・チェン・中澤 健 ・中澤 和代

調査事項の概要

本事業の必要性を上記チームにおいて再確認し、現地を査察した結果、ラジャン川支流であるムジュン川、バレッ川流域を支援活動実施地域と定めた。一方、カピット町から道路を使って移動可能な辺地の障害児についても対象とすることとし、様式6に述べるスケジュールを作成した。この活動を全体として”Toy boat project”と称することとした。上記地域にボート及び自動車を使って訪れたが、人々の暮らしは貧しく、障害をもつ人は何もすることなく過ごしていた。日本では想像出来ない状況であった。なお、この地域が、危険な要素はなく安全性が保たれることを確認することが出来た。

調査結果の概要及びこれを踏まえ判明した実施地が抱える問題点とニーズ

具体的には、交通の便、リハビリ用具の圧倒的不足、スタッフの不足及びスタッフの訓練の必要性などが挙げられる。しかしその前の、呪術的なところから来た障害観の問題、貧困、複雑に絡み合う重複した社会的不利と、ニーズそのものが問われたことがない(障害児のみならず家族も)という問題がある。現地専門家チームが意欲的で成果が期待できる。

 

計画の具体的内容

本計画は、基本的に道路で都会部とつながって居らず、つながっていても極めて悪路、又は川をボートで移動するしかない地域を対象としている。ボルネオの奥地にはそういう場所が多く、そういう地域に暮らす少数民族の人たちは相当数存在する。学校はある程度建てられているが、学校に行けない子ら、すなわち平和な国なのに何らの支援も受けられないで居る人たちが多く暮らし、援助を待っている。本事業は、正にBHNの観点から支援行動を行うものである。

①   対象地域のロングハウス、学校、クリニックの訪問。障害のあるロングハウス居住者について、障害の特性、年齢、性別、本人のニーズや特性を考慮した支援(リハビリ)活動をを行う。併せて、家族構成や家庭の収入等を把握し、さらに必要で可能な支援は何かを、長期的援助のケースとして行政に報告し問題を行政と共有する。

②   障害児者へのリハビリ活動を通じて、現地スタッフの技術的指導を行い、スタッフの資質の向上を図る。

③   玩具のよる(Toy Boat)プレイセラピーだけでなく、音楽による(Music Boat)、医療チームによる(Medical Boat)など、様々なバリエーションを工夫して行う。

④   現地専門家、日本の専門家による意見交換を密にし、より質の高い支援策を探る

⑤   事業全体と成果を地元で報道機関に示し(記者会見)、世の人々の関心を高める。また、行政と協力して、施策化をはかる。

 

2013年3月・・・現地訪問

 

 

 

 

 

最終的には、不利な条件が重なる中で暮らす人々が、その人らしさを発揮して暮らせるように、支援マニュアルをつくり、弱い少数の人たちを粗末にしない社会づくりに資すること。地域福祉実践は、弱い目立たない命を守る活動であることを証す援助活動を行う。

 

3月23日

Sibuの街で、有志が集まり、Kapitで、使用するボートについて、話し合いが持たれました。

あちら、こちらから、まるで、予測されていたように人が集まり、物事が進みます。このプロジェクトの始まりは、4月1日です。

 

 

 

 

 

 

関連ポスト:

保護中: Muhhibahの森文庫-53

この投稿はパスワードで保護されています。表示するにはパスワードを入力してください:

関連ポスト:

第14回ACEワークキャンプ参加者の声【モーサク】

IMG_8435

モーサク

今回、十四回ワークキャンプ参加させていただいてありがとうございました。
あの一週間はほんとにあったのか?
今はこちらの生活に馴染んでいます。
あの日々は不思議な感覚でした。
大自然の中、他の国に行きさっき知り合った人達と生活する。
外人の人と生活する。
水や電気が無いとこで生活する。
夜は腹を割り討論をする。本気で…。
沢山笑いました。
沢山のみました。
ワークは汗をかいて頑張りました。
まあ汗をかいて仕事をするっていうのは別としても、なかなか日本で体験出来ない事が多いので新鮮でした。

でも実はワークキャンプの日々は僕にとって、複雑な心境でした。

私は自分に自信がなくいつも弱気な人間です。にもかかわらず、人から評価されたいという欲望が強い完全矛盾な性格です。
そのため、キャンパーのみんなは大変優秀で度々、自然とみんなと比べて自分は?俺はここにいるべきか?などと自責の念にかられてました。
だから必死でした。

必死で楽しもうと思ってました。
だから精神はクタクタでした。

もうダメかな~って思った時、そういう時同じ宿舎のメンバーが助けてくれました。

もうちょっと頑張るか…

もうダメかな~…って思うと、
キャンパーの誰かが助けてくれる。
その繰り返しで一週間が終わりました。

ここで学んだのは、誰か助けてくれるんだって事でしたが…正直考え過ぎてるんだなって、いうことも学びました。

関連ポスト:

ACEだより 第30号

第30号 2013.03.20
目次

  • RCS(ボルネオ)の新しい活動について 中澤 健
  • 平成25年度特定非営利活動法人アジア地域福祉と交流の会 通常総会のご案内
  • ACE地方会 in 茨城
  • サラワクRCS近況 中澤 和代
  • Muhhibah トピックス

PDFで見るにはこちらをクリック
Google docs PDFで見るにはこちらをクリック
illust3574_thumb
ACE-30-01

続きを読むには右下の【続きを読む】をクリック後、下のページ番号をクリックして下さい。

関連ポスト:

商業音楽の音楽賞