Monthly Archives: 8月 2014

ACEだより 第33号

第33号 2014.08.15
目次

  • 石井哲夫先生 本当に有り難うございました 中澤 健
  • 平成26年度ACE総会報告
  • 講演「刑務所の中から見た日本の福祉」前(社福)南高愛隣会理事長 田島 良昭氏(本会理事)
    講師紹介 浅野 史郎氏(本会顧問)
  • 平成25年度決算報告
  • 平成26年度事業計画
  • サラワクMuhhibahセンター 歯科と内科、医療が来た!
    徳島ともの会との交流会 中澤 健
  • トピックス

PDFで見るにはこちらをクリック
Google docs PDFで見るにはこちらをクリック

illust3777_thumb

ace33-01


ace33-02


ace33-03


ace33-04


ace33-05

続きを読むには右下の【続きを読む】をクリック後、下のページ番号をクリックして下さい。

関連ポスト:

あぁ、世も末なんだろうか・・・?


 それにしても長引く世界各地の動乱、何も出来ない国連、地球圏の崩壊による気象の異常、精神の荒廃を思わせる奇々怪々な事件・事故!平気で命が奪われるご時世。一体これは何なんだ。これからどうなるのか?

 神様の怒りだろうか。或いは警告と受け止めるべきだろうか。目に余る人間の奢り。あまりの慢心。・・・いい加減に身の程をわきまえろ!と。

 そんな中、首相は暇を見つけては外国歴訪。次から次へと国境を越えて首脳会談。大盤振る舞いの無償円借款・・・。日本の国民には、よく働いている首相と映るのだろうか。

 私には、折角の機会なのに、日本の役割に気づきもしないで、大間違いをしているみたいで、見るに堪えない。本人は気づきそうもないし、マスコミにも期待出来ないから、国民が投票行動で教えてあげるしかないかもしれない。

 世界が世も末のような動きの時、自国の首相があまりに間違った動きをする時、私の思いを端的に書き留めておきたい。

 大国面(ズラ)も無償円借款も目をつぶるとしても、最も彼らしくて最大の問題は、国民を抜きにしていること。自国民も訪問国でも。国のトップ同士でやりとりすれば全て解決というやり方は必ず破綻する。関係というのは、個人でも国でも、ある程度の時間をかけることが絶対必要条件。トップで片を付ける、金に物を言わせる、この二つが、日本を駄目にする。何でもかんでも速成の発想。本物は時間がかかるのに。

 中国や韓国との問題も、あちらにも大いに問題はあるが、安倍さんの下手さには目も耳も覆いたくなる。首相らしく相手国の国民感情への配慮があれば、事態は全く違ったのに。国民なんて眼中にないという態度では、外交が上手くいくはずがない。民主主義の国の政治家を自負するなら、顔の向きが違うんじゃないか。軍隊のトップや財界のトップじゃない、民主主義国の首相って何だか知ってないみたい。悲しい。

 観光立国だのカジノだのと言っているが、こんな上っ調子でよいのか。もっと地道に、例えば道路や建物に外国語の表示を増やすとか、節約旅行をする外国人でも楽しめる日本を工夫するとか、時間をかけて準備することがいろいろあるんじゃないか? 露骨にお金儲けばかりでは、寂しいだけでなく、いかにも恥ずかしい。

 平和憲法を持つ国の首相らしく、改めて武力を決して使わない宣言をして、ロシア、中国、米国などと共に停戦調停を呼びかける時。そういう意味では、世も末のような今、安倍さんにチャンスだと思う。世界の日本、配線から復興した日本、唯一の被爆を経験した国、その日本にだけ出来る大きな役割。他国リーダーには出来ない、起死回生の地球復興に向かえたら、世の末でなく地球再生なのだが。

関連ポスト:

  • No Related Posts
商業音楽の音楽賞