Monthly Archives: 1月 2015

2015年・Muhhibahセンター

あけましておめでとうございます。2015年、メンバー21人をスタッフ7人で支えながら今年も頑張ろうと思っています。

2015年の始まりは、1月5日、元気な顔がそろいました。でも、男子の何人かは、お正月マーボ(酔っぱらい)も???流石、酒好きのイバンらしいと感心!

何と言っても、酒は、自家製。各家には、コンテナー、または大きなカメいっぱいのお酒(Tuak)が保管されてますから。我が家も同じです。

1月13日(月)今年初めての来客です。東京のNPO法人ぱれっと インターナショナル・ジャパンぱれっとから研修旅行として4名がMuhhibahセンターを訪れました。まずは、空港にお迎え。

1

 

2011年にぱれっとでは、MuhhibahのスーパーバイザーPaulineが研修でお世話になり、その時は、ぱれっとの代表のお宅で1ヶ月間宿泊させていただいてます。久しぶりの再会に感動。

2

 

翌日14日は、朝の朝礼からぱれっとのみなさんと一緒です。

5

 

朝礼後、昼食用に池の魚をみんなでキャッチ!マラッカとジョシア、ナガ、ピザの奮闘で大きな魚が捕れました。

 

おいしいかな?さっきの魚。ローズの料理。みんなで昼食です。

9

 

昼食前に、ぱれっとのみんなは、農場や丘にあがり、一帯の環境を満喫!その後は染め物、織物、作品作りを見学し、スタッフからいろいろな話を聞いています。

午後の最初は、期待のイバンダンスをメンバーから教わりました。8歳のチャイは、きれいなイバンの衣装の一部を身につけ、離しません。スタッフがイバンダンスを教えようとしても、イバンの衣装に緊張しています。

10

 

イバンダンスは、メンバーのリティーが先生です。

11

 

次は、マレーシア中、大流行のポチョポチョダンス。

12

 

休憩は、外のブランコ置き場で。

13

 

マラッカの農場にも招待され、近隣の住民とともに楽しい時間を過ごしました。

14

 

夜は、ロングハウスで歓迎会。日本から来た人々は、メンバー・スタッフ・地域住民・ロングハウスに共通の笑顔いっぱいと心地よいホスピタリティー、自然との共存に感動したそうです。研修旅行になったでしょうか?

ぱれっとのみなさん、たくさんのおみやげをありがとうございました。

 

 

関連ポスト:

ダリ クチン 第33号

第33号 2015.01.01発行

  • 巻頭写真 大自然のなか楚々と咲くラン(Muhhibahの門脇にて) 撮影者:中澤 健
  • サラワクの山奥に電気とインターネットが届けるもの 井口 次郎(コタキナバル在住)
  • 次男と私 高木 由里子(ペナン在住)
  • 食事スタイル一考 in Sarawak 中澤 和代
  • ACSだより 卒業式 Khor Ai-Na(中澤 健)
  • RCSはいま 新メンバー紹介とその他のできごと 中澤 和代
  • じゃらんじゃらん ちゃり かわん(32回)南洋の派手な伊勢海老「ゴシキエビ」 上杉 誠

PDFで見るにはこちらをクリック
Google docs PDFで見るにはこちらをクリック

33d-01

33d-02

33d-03

33d-04

33d-05

33d-06

関連ポスト:

商業音楽の音楽賞