Category Archives: ムヒバ(その他)

2014お正月前の買物に

もうすぐお正月です。恒例の街へ買い物に行く日。この日に先立って、お金の価値、支払方法、個人個人の買い物計画など、多くの準備をしました。衣類や化粧品、靴、下着、タオルなど、それぞれに欲しいものを考えたり、お金がいくら必要かと計算をするのは、楽しい時間でした。時は、クリスマスも近い日,街はとっても賑やかです。

ちなみに買い物に必要なお金は、日頃、つくった織物や作品、ひよこなどを売って得たお金です。そのことをわかっているから、メンバー自身が普段の活動に意味を見いだしています。

IMG_1948

 

IMG_1942

IMG_1933

IMG_9783

IMG_9780

IMG_1946

 

IMG_1954

IMG_1955

IMG_1959

 

買い物のあとは、みんなで食事。もう注文するのにも慣れました。今日は何を食べようか、と考えている人もいますし、おいしそうなものをその場で注文する人もいます。

IMG_1990

 

さあ!これでお正月の準備は整いました。よいお正月でありますように。

 

関連ポスト:

Muhhibahに医者の定期訪問

Muhhibahセンターの周囲はジャングルで、病院、警察、スーパー、郵便局はいずれもない。したがって、新聞は来ない。郵便も配達されない。いちばん困るのは、病人がでた時である。

何年か前には、私たちのロングハウスの娘が医者になり、その個人的な好意で時々、診察をしてくれていた。が、彼女は勤務していた病院を辞め、博士コースでもう一度勉強を始め、Muhhibahセンターに医者は来なくなった。

そのことをいつか見学に来た病院関係者に訴えたことがある。訴えたから来てくれるとは思わなかったが、最近、定期的にいちばん近い州立病院から医者が来てくれるようになった。前回、もう一押しと思って、PTを医者と一緒に派遣してくれるように依頼したら、今回、医者、看護師、PT2人のチームで来てくれた。Muhhibaセンターには身体障害を持っている子ども、青年が合わせて5人。車椅子使用者は4人いる。しかし、もし、適切な補装具や適切なリハビリを受ければ、もう少し、彼らの人生が豊かになるのに、と常々考えていて、実現しなかったことだった。

これからもこのチームは定期的に訪問してくれるとのこと。心強い。こんなに田舎なのに嬉しい。スタッフにもよく見て、日常のリハビリに生かせるようにと伝えた。

 

20140717_104235

 

かわいいChaiもPaulineにせがんで真似を!

20140717_104454

 

交通事故で機能を失ったAcutも笑顔

20140717_104542

 

仲間もみんなうれしそう!

20140717_103918

 

最後にRitiがDr.と一緒にポーズ

20140717_103945

関連ポスト:

Happy New Year 2014

049740s 050462s あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。 

 

あらためて、現在のメンバーをご紹介します。2014年1月2日、この18人のメンバーで、Muhhibahセンターはスタートしました。   

Andrew

Andrew

Anyai

Anyai

Baring

Baring

Billy

Billy

Cassandora

Cassandora

Diana

Diana

Joshua

Joshua

Lema

Lema

Lugat

Lugat

Mathew

Mathew

Naga

Naga

Natasa

Natasa

Riti

Riti

Rosita

Rosita

Sadiah

Sadiah

Sema

Sema

Wilson

Wilson

Wong

Wong

 

そして、1月13日から、新たにもう1人のメンバーが仲間に加わりました。

Acut

Acut

全部でメンバー19人とスタッフ7人です。スタッフは昨年と同じです。

 

新年を迎え、にぎやかに、いつもの楽しい時間が流れるMuhhibahセンターです。日常生活に必要なことや、野菜づくり、魚や鶏のお世話、織物、染め物、作品づくりなど、スタッフの暖かい見守りの中、今年も元気に過ごして行くことと思います。

みなさま、今年も応援をお願いいたします。

20140110_110926

 

関連ポスト:

お正月前、みんなで買物に

12月6日

お正月前の買物日、メンバーは、早くから自分のほしいもの(Tシャツ、ジーパン、下着、アクセサリーなど)をリストアップして、この日を待っていました。

また、この日、女性たちは、みんなおしゃれをしていて、とても素敵でした。

スタッフも共に楽しそう!

買物が終わったら、レストランで食事、思い思いの食べたいものを選んで食べました。そして、最後には、男子は好物のダバコ、女子はお菓子などを買って、家に持ち帰りました。

 

 

 

 

 

 

関連ポスト:

第15回ACEワークキャンプ(Muhhibah交流)

毎日、Muhhibahセンターにメンバーが着く頃にキャンパーは行って、朝から一緒だ。昼食の後、休み時間はメンバーやスタッフたちと一緒に過ごす。メンバーの笑顔が素晴らしいとみんな言う。

メンバーにとって、ワークキャンプは、日本の人たちと知り合う良い機会である。みんな楽しみにしている。メンバー:遊んでもらおう! スタッフ:日本語を学ぼう!

IMG_7416

 

 

 

 

 

 

関連ポスト:

商業音楽の音楽賞