Category Archives: サラワク RCS ブログ 

第4回ワークキャンプ実施

(2008.3.20~3.30)
第4回ワークキャンプでは、道路の両側とデイセンター敷地内の植林と旗掲揚台をつくりました。
詳しくはワークキャンプの頁でご覧ください。

森林局から500本の木が寄附され、みんなで植えました。
森林局から500本の木が寄附され、みんなで植えました。

マレーシア・サラワク・日本・RCSの旗があがります。
マレーシア・サラワク・日本・RCSの旗があがります。

関連ポスト:

アスファルト舗装が始まりました

今日から、デイセンターの門から建物に続く道のアスファルト舗装が始まりました。
ここは粘土質の赤土で雨の時には、まるで雪道のように車はスリップして、とても危険でしたがこれで安心です。

関連ポスト:

終日のデイセンター活動が始まりました


今日から、午前、午後と終日のデイセンター活動になりました。
調理員さんの仕事も今日から始まっています。みんな昼食が楽しみで、朝から楽しみ!
仲間もひとり増え、6人が通ってきています。
重い障害をもっているために外には出たことがなかった女の子は、最初、話しかけると怯えていましたが、今ではニッコリ笑ってくれるし、握手もできるようになりました。少しずつ楽しい雰囲気ができあがるといいな、と思っています。


関連ポスト:

Soft Opening セレモニー

現地団体(RCS)にコタキナバル総領事館より、草の根無償資金(7,200,000円)が供与され、Soft Openingセレモニーを行いました。

コタキナバル総領事官・副領事・地元出身の国会議員・カノウィット福祉局長・障害をもつ本人、家族・地元の人々100人余り・日本から友人たち(4人)の参加がありました。

このお金は、門からデイセンターまでの道路舗装・大型ゼネレーター・屋内電氣工事・訪問型デイセンターに使用する車購入費用となります。


この日、何よりも嬉しく思ったのは、どしゃぶりの大雨の中、大勢の地元住民が一緒に祝ってくれたこと、私たちのロングハウスの人々が準備のため、早朝から全力投球してくれたこと等々、まさに地域福祉のスタートを飾るセレモニーになったことです。供与されたお金は、もちろん、大切ですが、人々の心が何よりの宝物だと感激したところです。障害をもつ子どもたちの誇らしそうな笑顔も印象的でした。

関連ポスト:

ムヒバのメンバー紹介

障害をもつ5人の子どもたちがデイセンターを利用することになり、現在午前中で試行しています。
いよいよ、これからが本来の目的に向かう時です。


関連ポスト:

商業音楽の音楽賞