Category Archives: トピックス

12月Toy Boat Project

12月19日

今回は、このチームの日本人(山村さん・杉本さん)が加わり、さらに助成団体(国際ボランティア貯金)から派遣された坪井さんも一緒です。

地域の事情を理解するために、地元KapitのPDK(CBR)を訪問しました。

 

次に地元福祉局へ。ここでは、局長のピーターさんから、辺地故、Malaysia/KLでも理解してもらえない悩みを聞いた。日本人が関わるこのTOYBoatのプロジェクトについて、もっと継続支援が欲しいと語っていたのが印象的だった。

IMG_0375

 

KaputのOfficeに帰ってから坪井さんが希望したのが、地元州立病院の院長Dr.Hiiへのインタビュー。Dr.Hiiは、このプロジェクトのチームメンバーであるが、現場に同行する看護師立ちも一緒に来てのインタビュー実施であった。

IMG_0387

 

その後、明日からのロングハウス訪問に備え、打ち合わせを行う。(Anthony・Moonly・杉本・山村・坪井・Dr.Hii・看護師2・ken・kazuyo)

IMG_0390

 

後、MoonlyとKazuyoは、明日のロングハウス訪問用の買い物で出かけた。

 

12月20日

8:00 朝食と市場にて買い物

 

 

9:40 ボート3台に分乗して、Kapitの船着場から出発(Anthony・Beeeng・Even・杉本・山村・坪井・ken・kazuyo・Boat man 3・Boat Assistant 2)

 

IMG_0400

約2時間の小さいボートでの旅、途中、水深の浅い箇所が何度もあり、ボートを降りて、手引きする場面もあった。

12時過ぎ、RH Engkechong Manuanに到着した。

 

このロングハウスには、まもなく7歳になるという女児がいた。RHで生まれ、5ヶ月の時、高い熱が出て、辺地故、病院に行くこともできず、後遺症として、障害が残ったという。それでも、2歳までは、補助があれば、立って歩くことが可能だったが、高熱を繰り返し、今では、立てない・歩けない・話すことができないという状態のまま、ロングハウスで、母親・弟と暮らしている。療育を受けることが可能なら、成長とともに少しは筋力がつくのでは?と思われた。こちらの話しかけには反応があり、母親など、身近な者の話しかけは理解できるらしい。

Cecclloちゃん

IMG_0445

 

 

 Bee engのサポートで、立ってみる。

IMG_0455

 

弟も一緒にみんなでカメラにおさまる。

IMG_0454

 

13:36 RH Sli Menuan Kapit  今日の訪問 2軒目のロングハウス

IMG_0464

 

 

Jenaiちゃん12歳

IMG_0471

 

母親

IMG_0475

 

彼女はダウン症である。恥ずかしがり屋であるが、ダンスが好きで、踊って見せてくれた。ここには彼女の叔母にあたる全盲の66歳の女性も一緒に住んでいた。全盲だが、政府からは何のサポートも受けていないとのこと。未登録だと思われる。

このロングハウスで住んでいる人たちと長い廊下で。持っていったお土産で、早速、宴会が始まる。

IMG_0472

 

16:30 各ロングハウス、1時間少々の時間を彼らと遊び、私たちはまた2時間をかけて、Kapitの町に戻った。こんな辺地では、障害のある本人が街に通って来られる見通しは皆無。時々の家庭訪問が望まれている。

関連ポスト:

11月Toy Boat Project

今回は、私たちが地方会のために日本に帰国していたので、ペナンACSのCindyとSibuアガペセンターのKee WeiがKapitに行って、ロングハウスを訪問してくれました。

以下、英語ですが、Cindyからの報告をUPします。

11月19日

Flight from Penang to Kuching 7.10am.  Arrived at Kuching 9:05am.

Flight to Sibu from Kuching 5.40pm . Arrived  at Sibu 6.20pm.  Met Kee Wei.

Took 9.30am ferry from Sibu to Kapit (RM 25.00). Arrived Kapit at 12.20pm. Met by Anthony & Moonly at jetty.

Had lunch with them & checked into the 3-storey shop house.

 

11月20日

2 special needs children stays in the long house, never seen before. Starts journey at 2.45pm arrived at 3.55pm.

(1 hour 10minutes boat ride) with Anthony, Bee Eng, Kee Wei, Boatman & Cindy.  Did not see them, as both of them not at home.

Only manage to get some information from mother.

Ø  Name: Albis anak Maning

Ø  Age: 14 years

Ø  Gender:  Male

Ø  Down Syndrome.

Ø  No speech yet. Only eats soft food like porridge, roti.

Albis & his brother follows his father to Bintulu for school holiday, as his father is working at Bintulu.

Could not get any information from another child. As the family is not in, follow father to Sibu.

Leave long house at 5pm. Reached Kapit at 6pm. Rest, shower. Dinner with Anthony, moonly, Dr Sia & wife.

 

11月21日

Start journey at 9.30am to long house Entagai visit to the siblings, Josephine (sister) & Micky (brother).

Arrived long house 10.20 am. Water raise very high, boat can go through the small river direct to the long house,10 minute ride along small the river.

Play with the brother Micky. He is a very shy boy, but enjoys looking at his sister playing. His only toy is rice cooker pot. Tried to approach him with toys, but he is not interested. Interested at small windup toy truck, by looking at the truck when it moves.

He has fits for 3-5 seconds but later he is back as usual holding his rice pot.

Spend time with the sister, likes to play with musical toys. She likes the mini manual fan brought by Cindy.Josephine sits on DIY wheel chair made by father. She enjoys being push around along the corridor. Played keeping ball into basket,played people game ( kicking cindy with leg). Her right hand is stronger than her left hand, both legs are strong.

*Suggestion from Kee Wei, Josephine’s wheelchair, can put a table top for her to do things

f she needed to. Purpose of the table top is she can look at the things or food or toys she is playing with.

 

 

Have to leave long house early because it’s cloudy & almost going to rain to avoid the rain. Leave long house at 1.10pm arrived Kapit at 2.10pm.

Breakfast, cleared house, pass key to Moonly then depart Kapit on 12.30pm ferry. Two and half hour journey back to Sibu. Depart from Sibu to Kuching to Penang.

 

関連ポスト:

10月Toy Boat Project

10月9日 今回は、ペナンから、アイナさん、ランリーさん、サバから明美さんの3人が助っ人として、参加してくれました。私たちは、10月10日の夕方にスピードボートで、Kapitに到着しました。

DSCF2597

アイナさんが、今回、トイボート用に、たくさんのおもちゃを寄付してくれました。夜は、それらの整理をしました。

 

明日の訪問先の情報を知るために会議をもち、地図でその場所を確認しました。

 

10月10日

朝、食事を終えてから、目的のロングハウスに向かいました。Rajang川からbale川という支流に入り、またその支流に小さいボートで向かいます。そしてロングハウスに到着したのは、40分後です。

 

DSCF2710

 

そこには、生まれる前にお母さんの胎内でいた時の格好そのままのような青年(16歳)が横たわっていました。

みんなで、そっと起こし、手足をほぐしながら、立ち上がらせると、以外にも彼は、両手をとりさえすれば、歩行が可能です。もっとはやくにリハビリをしていれば、彼は歩けたかも知れません。

音も聞こえないということですが、おもちゃを使ってあそんでみました。

 

 

彼の顔に微笑みがみえました。

DSCF2722

 

2 時間ほどあそんで、私たちは、再来を約束して、Kapitの街に戻りました。今日もボートのドライバーさんにお世話になりました。嬉しい一日でした。

 

 

 

関連ポスト:

第15回ACEワークキャンプの概要と参加者一覧

第15回 ACEワークキャンプの概要

第15回 ACEワークキャンプ
実施場所 マレーシア ボルネオ島 サラワク州シブ郡カノウット町バワン地区 RH.Michael Jlak ロングハウスとDay Centre“Muhhibah”
実施期日 2013年9月1日(日) ~ 2013年9月8日(日)
内容 ボランティアワーク(Day Centre整備、討論、Muhhibahのメンバー、ロングハウスの住民子どもたちとの交流等
費用 4万5千円(現地集合解散方式)
参加人数 7名

第15回ACEワークキャンプに参加してくださったキャンパーのご紹介とスタッフ ☆(写真にカーソルをあてて、手のひらマークが出た場合、個人の感想にアクセスできます)  ☆(なお、このHP上のすべての写真は、写真をクリックすると拡大版になります)

ワークキャンパー

クリケン

クリケン

むっちゃん

むっちゃん

サラちゃん

サラちゃん

タムタム

タムタム

a_ilst173

ヒメ

ヒメ

なっちゃん

なっちゃん

シバミー

シバミー

 a_ilst174

スタッフ

つっちー

つっちー

けん

けん

かずよ

かずよ

おかげさまで、8日間のワークキャンプを無事終えることができました。キャンパーのみなさまのご協力に感謝いたします。(スタッフ一同)

8日の朝、空港でお別れしました。

IMG_7448

9月9日、ブランコは設置され、Muhhibahセンターのみんなが楽しそうに揺れていました。

IMG_9843

IMG_9969

関連ポスト:

7月8月Toy Boat Project

7月13日 Sibu会議

Anthony Jain Mangge

Moonly Tiang

Ken Nakazawa

7月20日 Sibu会議

Anthony Jain Mangge

Moonly Tiang

Ken Nakazawa

Kazuyo Nakazawa

8月6日 Sibu会議

Anthony Jain Mangge

Moonly Tiang

Ken Nakazawa

Kazuyo Nakazawa

8月12日 Kapit会議

IMG_0186

Anthony Jain Mangge

Evelyn Biju(PDK Kapit)

Dr.Hii King Ching

Moonly Tiang

Ken Nakazawa

Kazuyo Nakazawa

訪問先検討・問題点、方法の検討・Boat 確保・その他

夜、ライオンズクラブからの招待夕食会

IMG_0190

8月13日 9:00 朝食・買物

同行者

Anthony・Moonly・Ting Bee Eng・Ken・Kazuyo・Boatman(Bulin Anak Bau 6103-13-5157

出発 11:00-桟橋に到着 12:00

ボートは、とりあえず、最終地点で停泊。盗難があるので、エンジンは取り外した模様。

奥地地元の方が障害児がいるというロングハウスへの道を途中まで案内してくださる。

 

とにかく歩く。奥に向かって歩く。

 

途中、きれいな流れの小川が3度あった。いずれもジャブジャブと歩いて渡るしかない。地元の方からゴム靴がよいとアドヴァイスを受けたことが、これか!と思い当たる。

 

歩き始めて40分後ロングハウスに到着。

Rh Baja Sg Entangai Kapit(14doors)

IMG_0274

 

 Josephine Ak Singkie(14歳) CBRに登録 Clinic for Children with special needs SibuIMG_0264

 

Micky Ak Sing Kie(26歳) CBRに登録 29,1,1987

IMG_0271

 

二人は兄妹である。二人とも、歩けない。話せない。しかし、話しかけると少々は理解しているかも知れない感じがある。音のするおもちゃに反応し、笑顔の一歩手前という風な表情で、関心を示した。度々の働きかけが必要と思われる。

 

IMG_0262

ロングハウスの人たちの心づくしの昼食をみんなでいただく。

 

 

父 Suiakie Ak Iviu Nga・・・出稼ぎ中で留守だった。

母 Hia Anak Lindang・・・医師に何人子どもを産んでも同じ障害が出るだろうと言われたので、子どもは二人だけとのことであった。

IMG_0278

Kapitの街まで行くのにも、歩き40分、ボート50分近くだととても障害をもつこの人たちを連れて、リハビリには通えないというのは最もである。

 

8月14日 10:00 朝食後 買物 出発

 

 

IMG_0293

 

11:43 到着 坂道を10分ほど歩き、着いたが、ロングハウスが火災で焼失し、仮小屋で、住んでいるとのこと。

RH  Janga Sepuhin Kapit

IMG_0298

 

Roneilson Musa 09,01,2002 10歳

IMG_0299

3人兄弟の末っ子、出産時1400gで誕生した。聞こえない、話せないが知的障害はない。学校では、スペシャルクラスに在籍しているが、適切な教育ではないので、学習ができづ、心配とのこと。

 

IMG_0302

 

 父 Musa Siawo

母 Berga Ak Jepon

彼に合う支援は何か、今後の課題である。12:00過ぎ辞す。

IMG_0307

 

12:41分到着

IMG_0313

 

 

 

30分後ロングハウスに着いたが、肝心の障害児二人のうち一人は、父の仕事の都合で、ウルバレーという対岸の仕事場に連れて行っていないということだった。

Sarina 17歳 障害がある上に肺の手術をしているとのことで、心配していた。

 

もう一人は、少年で、Mulaty 話せないが歩けるとのこと。未登録で、何の支援も受けていないとのことであった。いつの日か、登録の手伝いができたら、と思う。

関連ポスト:

商業音楽の音楽賞