Category Archives: 第18回ワークキャンプ

第18回ACEワークキャンプ・参加者一覧

第18回 ACEワークキャンプ

第18回 ACEワークキャンプ
実施場所 マレーシア ボルネオ島 サラワク州シブ郡カノウット町バワン地区
RH.Michael Jlak ロングハウスとDay Centre“Muhhibah”
実施期日 2017年3月12日(日) ~ 2017年3月17日(金)
内容 ボランティアワーク(Day Centre Muhhibahの畑作り他、討論、Muhhibahのメンバー、ロングハウスの住民子どもたちとの交流等
費用 3万8千円(現地集合解散方式)+ 任意寄付
募集人数 8名

 

ワークキャンプは、12日の空港お迎えからはじまりました。みんな元気に到着です。

1

 

第18回ACEワークキャンプに参加してくださったキャンパーのご紹介とスタッフ ☆(写真にカーソルをあてて、手のひらマークが出た場合、個人の感想にアクセスできます)  ☆(なお、このHP上のすべての写真は、写真をクリックすると拡大版になります)

 

ワークキャンパー

IMG_4404 IMG_4428 20170316_170344
   タロー    いくと   タムタム
      20170312_124456      IMG_4423 20170316_164804
      ひめ    こうちゃん      ユッキー
IMG_4408 IMG_4427 a_ilst174
    のーど    ヨッシー    

 

スタッフ

20170313_134139             IMG_2491 a_ilst173
      けん     かずよ

 

そして、MuhhibahセンターでのたくさんのWork、Muhhibahメンバーや村人、ロングハウスでの交流を経験し、夜はキャンパー同士の討論で、盛り上がり、または、人生を考える機会を得たことでしょう。

 

 

関連ポスト:

第18回ACEワークキャンプ・Work編

畑作り

 

元々、鶏の運動場だったところを掘り起こし、大きな木の根っこを除けて、普段、メンバーが食べられる野菜作りができる畑をつくろうという計画でした。メンバーもキャンパーも共に掘り起こし、広い畑ができました。

 

3

 

畑ができたら、次は、日々の水やりのために雨水タンクの設置です。コンクリートを練って、設置台をつくり無事、タンクが設置されました。

 

コンクリート池・清掃

みんなでこの池のイカンパティンをまずバケツに。これは今日の昼食に。

6-1

それから、水を抜いて大掃除。おかげできれいになりました。

ついでに屋根の上やまわりの草もきれいにとって。

9

丘の上に行く道、土階段の整備

11

10

これで、みんな、丘の上に行きやすくなりました。

キャンパー宿舎横の大木の切り倒し

13

 

18

最後にみんなで記念撮影をしました。

 

関連ポスト:

第18回ACEワークキャンプ・討論&生活編

ワークキャンプでは、3本の柱を設定。Work・交流・討論です。

討論編

まず、初日のオリエンテーションの最後に、現在、自分が話し合いたいこと、他の人の意見を聞いてみたいことをテーマとしてあげました。

参加者8名が一題ずつ提出、これをまとめてくれたのは、

キャンパーのユッキーでした。

3

4

月曜日 特技とは?(こうちゃん) 便利さと豊かさ(たむたむ) 

火曜日 将来について(いくと) 就職を決める時、何を基準に?(よっしー) 

水曜日 結婚のメリット・デメリット(のーど) 友だちと知り合いの境界線(ユッキー)

木曜日 真の民主主義とは?(ひめ)

金曜日 このワークキャンプを経て、生かしたいこと(タロウ)

食事のあと、ロングハウスの子どもたちと交流したあと、8時30分から10時まで、あっという間に時間が過ぎていきます。課題を提出した人が、まず、その意図を延べ、討論に入ります。みんな自分の経験を元に語り、討論し、5回の語らいの時間をもち、課題が深まったようでした。

5

生活編

朝ご飯をしっかりいただきます。

1

みんなでMuhhibahセンターへ・徒歩(約7分)

0

毎日、6時30分から夕食

2

街に買い物(木曜日)

中央市場をのぞき、レストランで昼食

9

まだまだ、川行水など、生活編は、たくさんありますが、ロングハウスの人たちや子どもたちと一緒は交流編でご覧ください。

関連ポスト:

第18回ACEワークキャンプ・交流編

Muhhibahセンターでの交流

休憩時間にみんなでMuhhibahセンターの裏の岡の上で!

1

 

メンバー女子は、若い男性キャンパーにカレンダーにある女優さんの名前を聞いたり、宛てたりして楽しんだり、キャンパーと一緒にスモーキングタイム

 

そして、ダンスを楽しむみんな。最初はお得意イバンダンス。続いて、ポチョポチョを! みんな楽しそう!

村人、メンバー、キャンパー、一緒に賑やかに昼食です

7

 

 Muhhibahのメンバーがつくった作品をキャンパーが楽しく選び、買ってくださる。8

最後はBBQ。チキン、ポークをたっぷり食べて、Enjoyしました。

お別れはいつも悲しい。メンバー、キャンパー、抱き合って涙、涙。「また来るよ}と。

12

 

さあ、お別れは悲しいとしても。キャンパー滞在中のメンバーの素敵な笑顔。作業に出られない子どもたちも中でいてくださるキャンパーと笑顔で遊びました。

おやおや、誰か、お昼寝の子も。

 

ダイアナは、こうちゃんに恋をしました~。

17309550_1282484145178236_8027044945522204373_n

17434786_1281637211929596_1391129638941720948_o

17311117_1281637075262943_1047031462401371146_o

 

おやおや、守衛のAkamさん、なんか酔っぱらっているらしい。

17389161_1281639638596020_5354047491160209000_o

 

ロングハウス交流

次にロングハウスでの交流です。

まず、ロングハウスの周りで収穫する胡椒。

  川に向かう通り。これもロングハウスの人たちの手作りです。

4

川で行水(マンディ スンガイ)

6

5

ロングハウスの人たち、夜のお別れ会の準備を楽しみながら。

7

9

 

 ココナッツをまさに生で!

17310228_1281597221933595_1016267717048396524_o

子どもたちもキャンパーに遊んでもらってご機嫌。

11

さあ、パーティの始まりです~。

12

イバンダンスはやっぱり盛り上がる!

17390690_1281596558600328_2350930493245826192_o

楽しい交流が実現した「お別れパーティ」キャンパーのみなさん、ありがとうございました。

関連ポスト:

商業音楽の音楽賞