Category Archives: 第8回ワークキャンプ

第8回ACEワークキャンプ 参加者一覧

第8回ACEワークキャンプに参加してくれたキャンパーのご紹介。

(写真をクリックして手のひらマークが出た場合、個人の感想にアクセスできます)

あやな

あやな

コウジ

コウジ

サキ

サキ

スタッフ

けん&かずよ

今回も、とても有意義で楽しいWork campになりました。
お世話になったみなさま、ありがとうございました。

関連ポスト:

第8回 ACE ワークキャンプ part4

3月27日:土曜日

今日は、お別れパーティー

イバンダンス マイケル

恒例のマイケルさんのイバンダンス

いつ見ても素敵ですねぇ。

イバンダンス あやな イバンダンス コウジ イバンダンス さき
あやなちゃんもコウジくんもサキちゃんもイバンダンスが上手!

日本人の出し物は、少林寺拳法のコウジくんを中心に!
少林寺拳法寸劇1

でも、これは寸劇で、戦いに挑んだサキちゃんがコウジくんを投げてしまうのです。
この後、彩奈ちゃんもコウジを投げて・・・
少林寺拳法寸劇2 少林寺拳法寸劇3
Oh!Strong・・・とつぶやいていたイバンの男たちは、
これが寸劇だと思わなかったかも?

楽しいお別れ会でした

楽しいお別れ会でした


3月28日:日曜日
お別れ

ロングハウスの廊下で、旅の無事をマイケルさんが祈ってくれました。
そして、みんなとお別れの握手を。Datai Baru(きっと、また来てください)!

キャンパーのみなさん、10日間、ありがとうございました。


今回のキャンプ参加者はこちら今回のキャンプ参加者はこちら



関連ポスト:

第8回 ACE ワークキャンプ part3

3月24日:水曜日

今日は、近くの学校見学と街のセントラルマーケットへ。
生きた食肉用鶏を売っているのに、みんなびっくり!
学校見学1 学校見学2 市場

博物館へも行きました。

博物館

博物館

夜の討論は、「平等」について
つきることなく、みんなの意見が交換され、おかげで平等から差別まで
話題が発展しました。

3月25日:木曜日
フェンスづくり、最後の日です。
有刺鉄線

有刺鉄線をはる

上、3段目の有刺鉄線が張られ、
これで、養魚池の安全が確保されました。
虫

ジョシアが見つけた大きなムカデ状の虫、
でも甲羅が堅くて、拡大すれば、さしずめ恐竜か?

夜の討論テーマは、「沖縄問題」戦争中、戦後、そして普天間問題まで
多くの問題点が見えてきました。「知る」ということの大切さも。

3月26日金曜日
ペンキ塗り2 ペンキ塗り1 ペンキ塗り3

最後のWorkは、今までつくった階段の手すりや、橋、丘の上の
休憩所にペンキをぬることです。どれもきれいになって、
ギャンパーは、このワークキャンプでの達成感を感じたことと思います。
最後のBBQ

最後のBBQ

メンバーの送迎

メンバーの送迎

今日は、メンバー、スタッフ、キャンパーで、最後のBBQを楽しみ

それからマラッカさんの運転する車で、メンバーたちを
それぞれのロングハウスに送って行きました。
ロングハウスと一口に言っても、それぞれに違うことがわかったことでしょう。
この夜の討論は、「今、日本人に必要なものは何か」について
多くのことを話し合えました。


関連ポスト:

第8回 ACE ワークキャンプ part2

3月22日 :月曜日
初 Workの日・地域住民とともにGotong royong!
gotong_royong081.jpg gotong_royong082.jpg
ベテランの村人たちで木材をカット! 
Muhhibahのメンバーとキャンパーは、それを工事現場に運ぶことから!

rosecook08.jpg chicken_lunch08.jpg
昼食は、Cookのローズさんが奮闘!なんとMuhhibahで育った鶏を料理
鶏さんに感謝しながらおいしいチキンカレーをいただきました。

konnna_dougu08.jpg houtouse_08.jpg
こんな道具(大きな槌ーもちろん手作り!)
こうして柱を打ち込むのです。

fence081.jpgfence082.jpgfence083.jpg

彩奈ちゃんもサキちゃんもコウジくんも頑張ってくれて、初日に養魚池
の道路サイドには、フェンスがまわりました。

bbq08_1003.jpg
そして、夕方には地元の人も一緒にBBQ、もちろんTuakでの乾盃も。

夜は、ローソクの灯りの中、「家族の定義と絆」について討論をしました。



3月23日:火曜日

さあ、今日は、キャンパーとマラッカとアローとメンバーでの作業。
いつもながらマラッカの凄さにあこがれながらフェンスの上に有刺鉄線を2段渡しました。
だんだん完成に近づきます。
fence084_0324.jpg

100324_wmember1.jpg 100324_wmember2.jpg 100324_wmember3.jpg
午後は、メンバーと共にイバン楽器やイバンダンスの練習を!

この夜の討論は、「夢」について。あっという間の1時間ですから、
毎夜、大幅に時間超過してしまいます。

関連ポスト:

第8回 ACE ワークキャンプ part1

2010年ACEワークキャンプ(第8回)は無事終了しました。

以下に報告いたします。

2010年 ACE春のワークキャンプ(第8回)
実施場所 マレーシア、サラワク州シブ郡カノウット町バワン地区
RH.Michael Jlak ロングハウスとDay Centre“Muhhibah”
実施期間 2010年3月19日(金)~3月28日(日)
内容 ボランティアワーク(Day Centre整備、討論、Muhhibahのメンバー、ロングハウスの住民子どもたちとの交流等

今回のWorkの主は、養魚池のフェンスをつくることでした。

3/19日:金曜日(到着日)!


Tuakで乾盃

Tuakで乾盃

到着後、早速、みんなで「トウァイルマ」のマイケルさんに御挨拶。
すぐさま、Tuakで乾盃というところがLong houseらしい!

オリエンテーション
オリエンテーション
今回のワークキャンプは、3人の参加で少し淋しいけれど
Muhhibahの成り立ちやロングハウスのことなど話す時間もたっぷりでした。
もちろんWorkのことも話しましたが、これは、地元の人たちの協力で 成り立っているので
当日になってみないとわからないという部分も・・・。


夜の討論のテーマを「みんなで話したいこと」という課題で各人が出し合い
5テーマを決め、念のため次点のテーマも白板に記録しました。


3月20日・21日:土曜日・日曜日 
稲の収穫時期 子どもたちと
この2日間は、Long houseでゆっくり過ごしました。
ちょうど稲の収穫時期で、それを手伝ったり、子どもたちと遊んだり。

3人のキャンパーは、早くも言葉の習得に懸命でした。
Bawanに雨のあとの虹が美しく映えた日

Bawanに雨のあとの虹が美しく映えた日です。

この夜、発電機を止めたあと、やっぱり討論をしようということになり
次点のテーマ「教育と指導者の資質」について話し合いました。
初回からの素敵な盛り上がりです。

関連ポスト:

商業音楽の音楽賞