Category Archives: ワークキャンプ

第18回ACEワークキャンプ参加者の声【タムタム】

20170316_170344

タムタム

私にとっては4年ぶりで、4年前と違うことは結婚して子どもがいるということ。

今回のワークキャンプの話を聞いて、行きたい気持ちと、家庭を持った自分に行けるのかという気持ちがありましたが、家族は以前から私の気持ちを知っていたので、なんの躊躇もなく「行ってらっしゃい!」と言ってくれ、職場の皆も「楽しんできてね!」と送り出してくれました。
イヤイヤ期真っ只中の息子と一週間離れることは心配ではありましたが、お互いにとって何かプラスになることがあると信じて、決心しました。

いよいよ始まったワークキャンプ。
変わらぬ笑顔で迎えてくれたロングハウスやムヒバの皆に安心し、家族や職場のためにも全力で楽しむぞ!と意気込んでいたのですが、作業初日、心から楽しめていない自分がいました。それが何故だか気づけずに、一睡もできず、早朝和代さんに話を聞いてもらうことで、ようやく心の声を吐き出すことができました。
ムヒバのメンバーは、目をが合うとニコッとしてくれ、通りかかったときにはハイタッチをしてくれ、こっちこっちと手招きして仕事を教えてくれます。そんな彼らとのやり取りを通して、日本で仕事をしている自分の姿が、恥ずかしくて、情けなくて、悔しくて、申し訳なくて。
自分と向き合うことをせず、人を否定し、ネガティブな発言ばかりで、忘れていた心からの笑顔。
私がこの仕事をする上で一番大事にしたいことは、シンプルに「笑顔」だったんだと、純粋なメンバーの笑顔のおかけで思い出すことができました。

作業2日目からは気持ちを切り替え、まるで別人のように全力で楽しむことができました。最終日のゴトンヨロンでは、メンバ-やスタッフ、村人、キャンパー、みんなの笑顔をじっくりと見ることができ、本当に幸せな気持ちで胸がいっぱいになりました。
一人一人が輝ける場所、皆が皆のために働ける場所、無償の愛が生み出す平和な空気。この空気をそのまま日本に持ち帰りたい!そう強く思いました。

また、ロングハウスでの生活も私の心を癒してくれました。
朝、ニワトリの声を聞きながら澄んだ空気を大きく吸ったり、川に入って緑に囲まれた中で汗を流したり、満天の星空をボーッと眺めたり。どの時間も本当に贅沢で、豊かな自然にすっぽりと抱かれ、自然と涙がこぼれ、頭も心もいい意味で空っぽになれた時間でした。やっぱり私は自然が大好きです!

そして、毎晩の討論もまた考えさせられる時間になりました。年代も性別も育った環境も違うキャンパーの話は勉強にもなり、刺激にもなりまし。難しくごちゃごちゃ考えていた頭の中が整理されました。こんな素敵な仲間に出会えたことに感謝です。皆、ありがとう!!終わってから「もっとこう言えばよかった」「こんなことも伝えたかった」と少し後悔もありますが、それだけ物事に対して深く考えていた証だと前向きに捉えています。

今回のワークキャンプを通して、ロングハウスやムヒバの皆の心の豊かさは、彼らの身近にある自然の豊かさに似ているなと感じました。
雨が降ったり太陽が出たりするのと同じように、私も泣いたり笑ったりしながら、自分と向き合い、原点に還り、自然を敬い、人を愛し、たくさんの笑顔を、これからも大事にしていきたいです。

健さん和代さん、最後の最後の最後に、このような素敵なワークキャンプを開催して頂き、本当にありがとうございました!!!

以下、あまりにも感動しましたので、FBから転載させていただきました。素敵な母子!(中澤和代)

17264634_1277982385628412_7049077866228979238_n

Home sweet home with my beloved family.

満面の笑みでトコトコ走りながら抱きついてきた息子。少し照れくさそう。全てが愛おしい。
*…
「マレーシアもう一回行ってもいい?」と聞くと「いいよ~♪」だって!

 

 

関連ポスト:

第18回ACEワークキャンプ参加者の声【いくと】

IMG_4428

いくと

海外でのワークキャンプは今回が初めてで、日本と環境の違う場所で、初めて会う人と上手くやっていけるのかと不安でたまりませんでした。でもキャンパーのみんな、ムヒバのみんな、ロングタウンのみんなと過ごした五日間はあっというまでとても楽しく、不安など考えている時などないくらい充実していました。
そこで生活している人達は男、女、大人、子供問わず毎日笑顔が絶えず、みんなすごく仲が良いことが印象に残っています。そしてみんなほんとに無邪気でした。私とも会うたび笑顔で接してくれて、言葉は通じなくとも心で通じているというのはこういうことかと思えました。繋がりの大切さをとても感じたとともに、自分に足りていないことを教えてくれたように思えます。日本での暮らしで薄れかけている繋がりをもう一度見直し、日本に戻ってもここでの生活を忘れずに過ごして行きたいと思います。

ワークではみんなで木の根の堀り、畑の耕し、コンクリート池の掃除、雨水タンクの設置を行いました。ムヒバの人たちは、私たちが力で苦戦していることも軽々こなしてしまいみんな驚かされました。そんな暑く激しいワークの中でも笑顔があり、自然と疲れが癒されていきました。ワークが終わると、音楽をかけみんなでダンスを踊ります。みんなとても上手く、本当に心から踊ることが好きなんだと感じました。私も全力で楽しむことができ、踊り続けました。

日本に戻るとなった時、ムヒバやロングハウスの皆が泣きながら声をかけてきてくれたり、たくさんのプレゼントをくれたりしてくれました。私も5日間だけだったけど本当に別れが辛く涙を堪えられませんでした。別れた時の皆の泣いている顔を思い出すといまだに涙がこみ上げてきます。別れが辛くなるほどのとても良い出会いが出来たのだと思います。
討論では、それぞれがあげた題について毎晩深く語り合いました。キャンパーの皆の心の思い、本音をたくさん聞けたし、話すことが出来ました。この討論で出会いの素晴らしさを知ることが出来ました。まだ私は学生ですが討論をし皆の経験を聞いていくと今後の出会いが楽しみでしかたなくなりました。その出会いのために行動力、決断力を持ち、積極的に色々なことに挑戦していきたいと思います。
今回出会えた、健さん、和代さん、キャンパーの皆さん、ムヒバの皆さん、ロングハウスの皆さん、本当に楽しく充実した時間をありがとうございました。本当にワークキャンプに参加出来て良かったです。幸せでした。またお会いましょう。

関連ポスト:

第18回ACEワークキャンプ参加者の声【タロー】

IMG_4404

タロー

僕は初めてのワークキャンプ参加でした。1度祖父が健さんと学生時代からのお知り合いというのもあり、ワークキャンプではなく1度訪れたことはありました。そのとき、是非1度ワークキャンプに参加したいと思いました。ムヒバやロングハウスなど1度は訪れたことがある場所ですが今回のようにたくさん関わることはありませんでした。だからこそ参加したいと思いました。

自分は大学で建築を学んでいます。自分の将来に自分の建築の知識を活かし、健さんのような活動ができたらいいなと思い、今回もそのことが少しでも学べればいいと思いました。しかし、そのこともたくさん学ぶことや良い経験となったことは間違いありませんがそんなことよりも自分の人間性や人との関わり、もっと根本的なことをたくさん学べた6日間になったと思います。イバンの人たちはなにをするにも自分たちで1から作業をする。それも皆と協力して、辛そうにもせず、疲れて休憩してる人にもなに1つ文句を言わずやるときはやる、自分ができることを一生懸命し、楽しそうに作業をする。そんな姿に僕は感銘をうけ、人としての鏡だと僕は思いました。作業のときだけではありません。皆と実質、5日間ほどしか一緒にいなかったけれど1ヶ月くらいいたような気持ちになる。関係も濃く、一人一人としっかり話して関わっていた。だからこそ別れがとてもつらかったです。今こうして色々考え、感想文を書いていますが思い出しても泣きそうになります。作業してても、ご飯を食べてても、ムヒバのメンバーと遊んでいても、夜の討論会もすべてが僕にとっては良い刺激で良い経験で大切な濃い時間でした。日本に戻ってきて数日経ってもそんな毎日に戻りたくなります。楽しかった、良い経験だったそんな言葉では表せないくらい自分の人生にとって大切でかけがえのない時間でした。たくさん思ったこと感じたことがたくさんあり簡潔に書きたいと思ったのですがうまく表現できませんでした。まとまった文が書けず申し訳ございません。ムヒバのメンバー、スタッフ、ロングハウスの家族たち、ワークキャンパー、そして健さん、和代さん、本当にありがとうございました。19歳にしてこんな経験ができて本当に幸せだと今すごく感じています。また絶対に戻ってきたいと思います。

関連ポスト:

第18回ACEワークキャンプ・参加者一覧

第18回 ACEワークキャンプ

第18回 ACEワークキャンプ
実施場所 マレーシア ボルネオ島 サラワク州シブ郡カノウット町バワン地区
RH.Michael Jlak ロングハウスとDay Centre“Muhhibah”
実施期日 2017年3月12日(日) ~ 2017年3月17日(金)
内容 ボランティアワーク(Day Centre Muhhibahの畑作り他、討論、Muhhibahのメンバー、ロングハウスの住民子どもたちとの交流等
費用 3万8千円(現地集合解散方式)+ 任意寄付
募集人数 8名

 

ワークキャンプは、12日の空港お迎えからはじまりました。みんな元気に到着です。

1

 

第18回ACEワークキャンプに参加してくださったキャンパーのご紹介とスタッフ ☆(写真にカーソルをあてて、手のひらマークが出た場合、個人の感想にアクセスできます)  ☆(なお、このHP上のすべての写真は、写真をクリックすると拡大版になります)

 

ワークキャンパー

IMG_4404 IMG_4428 20170316_170344
   タロー    いくと   タムタム
      20170312_124456      IMG_4423 20170316_164804
      ひめ    こうちゃん      ユッキー
IMG_4408 IMG_4427 a_ilst174
    のーど    ヨッシー    

 

スタッフ

20170313_134139             IMG_2491 a_ilst173
      けん     かずよ

 

そして、MuhhibahセンターでのたくさんのWork、Muhhibahメンバーや村人、ロングハウスでの交流を経験し、夜はキャンパー同士の討論で、盛り上がり、または、人生を考える機会を得たことでしょう。

 

 

関連ポスト:

第18回ACEワークキャンプ・Work編

畑作り

 

元々、鶏の運動場だったところを掘り起こし、大きな木の根っこを除けて、普段、メンバーが食べられる野菜作りができる畑をつくろうという計画でした。メンバーもキャンパーも共に掘り起こし、広い畑ができました。

 

3

 

畑ができたら、次は、日々の水やりのために雨水タンクの設置です。コンクリートを練って、設置台をつくり無事、タンクが設置されました。

 

コンクリート池・清掃

みんなでこの池のイカンパティンをまずバケツに。これは今日の昼食に。

6-1

それから、水を抜いて大掃除。おかげできれいになりました。

ついでに屋根の上やまわりの草もきれいにとって。

9

丘の上に行く道、土階段の整備

11

10

これで、みんな、丘の上に行きやすくなりました。

キャンパー宿舎横の大木の切り倒し

13

 

18

最後にみんなで記念撮影をしました。

 

関連ポスト:

商業音楽の音楽賞