Category Archives: ワークキャンプ

第9回ACEワークキャンプ参加 【グッちょん】

グッちょん

グッちょん

異国での出会い

ケンさん&カズヨさんと仲間との出会い。シブ空港に辿り着くと,まずケンさんが,瞳がこぼれ落ちそうな位大きな目をして,窓越しに体を乗り出して皆さんを迎えているではありませんか。その姿に「この人についていこう」と即決。

夜の討論でのカズヨさんのするどいつっこみ。そしてカズヨさんが行っていた常に自分を省みる姿…。あの行動力と瞬発力と思いやりは誰にも真似できません。

そして大変個性的なワークキャンパーの皆様方…!毎日が刺激的でした(笑)!

イバンダンスとの出会い。そこで奏でられる音は,何百年も伝えられてきたであろう,時空を超えた躍動感のある音楽でした。一言で言うと本能のおもむくまま,あとはなにもいらない!自分達が日常の生活で忘れてしまった野生の本能を呼び起こすかのようなリズムでした。ムヒバの子供達が優しくダンスや音楽を教えてくれました。感謝,感謝!

セパタクローとの出会い。イバンの青年達が全身を使って楽しんでいる姿を見て,スポーツの原点を垣間見たように思いました。そしてコートの周りを幼い子供達が駆け回り,大人たちが遠くからその光景を微笑みながら眺めている…幸福に包まれる思いでした。

Tuakとの出会い。元来,お酒がどうしても美味しいと思えず,敬遠しがちな自分だったのですが,なんでだろう?ついついマイケルさんの所へ自分から歩み寄っているではありませんか。後はTuakという現地酒にノックアウト。これでイバン族の仲間入りだそうです。no tuak no iban…。

マンディーとの出会い。川の水がひんやりと冷たく,自分の唇は青白く…。一日の疲れを吹き飛ばすくらいの開放感。男性陣だけでのスッポンポンでのマンディーは最高でした。昔の日本の歌謡曲でインドネシアの民謡を元に作った「ブンガワンソロ」という曲があるのですが,「川は私達の生命の源」という歌詞の意味がようやくわかったような気がします。

イバン族との出会い。絶対的な安心感。そして連帯感と所属感。全てはあのロングハウスの廊下に象徴されていました。常に焦りと共に生活していた自分でしたが,彼らが口にする「slow,slow」という念仏にも似た言葉で全てが解消。どこかで自分は「自分の力をつけなければいけない,大成したい」という気持ちがあったように思います。でも彼らに「音楽好きならそれでいいじゃないか,大切なのは楽しむことだよ」という事を,言葉では言われてはいないのですが,それに似た,言葉では言い表せない目には見えない何かを授かったように思います。

自分は約10年間音楽の教員として高等学校に勤めていたのですが,「もう一度音楽の勉強がしたい!」と思い切って休職期間をいただき,「音楽の原点ってなんだろう?」「生の本質ってなんだろう?」「教育ってひょっとして『待つ』ことなのかな~?」なんて事を考えながら,マレーシアの地に辿り着きました。そして約10日間の経験を経て,点と点が線でつながり,今は満たされた気持ちでいっぱいです。

この経験を味が出るまで噛み砕いて,自分自身の栄養になるように,そして皆に分けられるように日々精進していきたいなぁ~!とぼんやり思っています(笑)(終)

関連ポスト:

第9回ACEワークキャンプ参加 【ひめ】

ひめ

ひめ

心の声が聞こえる=バワン

「求めよさらば与えられん」とは聖書の言葉だが、自分が前に進みたいと思うなら迷わず一歩を踏み出し、扉を叩きたい!!そう思って、参加申し込みをした今回のワークキャンプ。何が待っているのか?どんなことが起きるのか?不安がなかったわけではない。初めての場所で初めての体験にはつきものの不安と、若い時ならまだしも50代も後半となると体力的な面で自信を失くしていたし、5月には左足のひざ裏の筋を違えて一か月以上も整体治療院へ通ったものだから、こうした不安もどこかで感じながら「大丈夫!!」と自分に言い聞かせて、集合地のシブ空港めざし沖縄を飛び立った。

ところが一日目のゴトンロヨンで、私は階段つくりでバケツにセメントを入れた手渡しリレーで、左膝裏に踏ん張りの利かない筋の痛みに襲われた。階段や斜面の上りは大丈夫だが降りることが容易ではない。チームの足を引っ張ることがないように…、とは自分との約束。踏ん張りが出来そうもないと思った時、人生の先輩は「ひめ、大丈夫だから抜けなさい!」と声をかけてくれた。チームの若いメンバーも「ひめ、監督や指示を出す人も必要ですよ!」とやさしい言葉をかけてくれる。人は弱くなって優しさを知り、本当の強さを知るといった言葉を思い出した。そう!誰でもできること、出来ないことがあるように、できないことは素直にお願いしていこう!!そう思ったとたん気持ちがとても楽になた。我をはらないこと、素直で謙虚であること、いつまでも若いわけではないのだから老いていく自分を受容することは私にとって大事なこと。人様には言えることが自分にはできないなんてことがないように…、自分に正直でありたい。「自分に向き合うこと」それが今回のワークキャンプでの私の目標。

過ぎ去ってみればあっという間の一週間だったと思えるが、ワークキャンプで過ごした一週間は一日一日が貴重な体験だった。ややもすると頭だけで生きている自分に、身体を使って五感を働かせて物事を理解していくような…、そんな時間だった。人の優しさも心に沁みる。自分の小ささにも気づく。しばらく身体を使って汗をかくことをどこかに置き忘れていたのだ。ありのまんまの自分を取り戻したような、さわやかな自分に出会えた。

13名のキャンパーたちに出会って、チームになって繋がり合って、ひとつの事をやりとげた満足感は汗を流した者にしか味わえない喜びだ。 ゴトンロヨン(ゆいまーる=助け合い)は沖縄ではあたりまえに行われていた(今も地域によっては行われている)。村で新築する家があれば手バケツでのコンクリート打ち(スラブ打ち)終了後、ヤギを一頭つぶし手伝ってくれた人たちにご馳走としてふるまい、喜びを分かち合っていた。そして何よりも泡盛と三線(サンシン)が入るとカチャーシーで心を一つにし、疲労感を開放していた。バワンとどこか似ていて、懐かしい思い出を手繰り寄せていく。そして今は目を閉じるとバワンダンスの旋律が、懐かしい思い出となって私の心に響いてくる。

今回のワークキャンプで出会えたキャンパーの一人ひとりに思いを馳せながら、出会えたことを心から感謝したい。
そして11月の地方会でまたお会いできますことを祈って!!

関連ポスト:

第9回 ACE ワークキャンプ 8日目

9/12:土曜日 最終日ーさよなら

朝食

朝食のあと、キャンパーのみなさんが、片づけを手伝ってくださいました。
マイケルさんのお祈りは、無事帰国を祈って!
そして、今
できあがった階段をホーキできれいにするメンバー
できあがった階段をホーキできれいにするメンバー

フェンスの型枠もきれいにはずしました。
フェンスの型枠もきれいにはずしました。
みなさんのおかげで、養魚池に行きやすくなりました。
フェンスにしっかりした基礎ができ、安全になりました。

養魚池の小屋1養魚池

養魚池の小屋は、10月15日に地元住民の方たちの希望による
ゴトンロヨンで仕上がりました。
Datai Baru(きっと、また来てください)!
キャンパーのみなさん、8日間、ありがとうございました。


関連ポスト:

第9回 ACE ワークキャンプ 7日目

9/11日:土曜日 反省会・お別れ会

まず、感想と反省会、いろんな意見がでました。
が、総括として、この体験で新たな力を自分の中に発見した!とのこと。
反省会


夜のお別れ会の出しもの練習、そしてラジャン川を上から見下ろす橋へ
お別れ会の出しもの練習 ラジャン川を上から見下ろす橋へ ドラゴンフルーツ


帰りには、みんなでコンクリートの乾いた階段に座って記念写真を!
コンクリートの乾いた階段に座って記念写真


バワンの夕焼け、そして、みんなでの夕食
バワンの夕焼け 夕食


「ふるさと」の合唱・手話歌にも注目!
合唱・手話歌


エイサッサの仕上げ
エイサッサの仕上げ


そして、民族衣装のExchange!素晴らしい!
民族衣装のExchange

イバンの正装1イバンの正装2イバンの正装3イバンの正装4

イバン女性がゆかたを着ました

 

交替で、4人の日本女性がイバンの正装を身につけ
4人のイバン女性がゆかたを着ました。感動!楽しいお別れ会でした。


 


関連ポスト:

第9回 ACE ワークキャンプ 6日目

9/10日:金曜日 ゴトンロヨン

昨夜の大雨で、ゴトンロヨンができるのかどうか心配でしたが
地域の人々は、雨などものともせずの参加でした。
 池への階段 

 池への階段 

池の中の小屋

池の中の小屋

フェンスの基礎コンクリート

フェンスの基礎コンクリート

3箇所に別れての作業でしたが、みんな、今日が最後!と仕上がりに
想いを馳せながら、頑張ってくださいました。
ゴトンロヨンのあとのBBQは、この日最高潮!
ミドルエイジ?以降の人たちも地域の人々と、そして若者と一緒に頑張りました!
100910-4100910-5100910-6100910-7
ゴトンロヨンのあとのBBQ 最高潮
飲む!飲む!食べる!飲む!食べる!飲む!!
マッチャンのエイサッサ 地元の人も一緒に
マッチャンのエイサッサを地元の人も一緒にするということもアリ!

夕方は、サッカーやセバタクロ ロングハウスの 女の子やおばさんとも語らい

 

夕方は、サッカーやセバタクロ、そしてロングハウスの
女の子やおばさんとも語らい楽しい時間を。


がんさんとマッチャン
がんさんとマッチャンは、酔っぱらって、親子だったら!と繰り返し言ってマシタ!

酔っぱらって、こんな状態
討論は…?
酔っぱらって、こんな状態 で、やむなく、お流れに!


 


関連ポスト:

商業音楽の音楽賞