Category Archives: 第17回ワークキャンプ

第17回ACEワークキャンプ・参加者一覧

第17回 ACEワークキャンプ

 

第17回 ACEワークキャンプ
実施場所 マレーシア ボルネオ島 サラワク州シブ郡カノウット町バワン地区
RH.Michael Jlak ロングハウスとDay Centre“Muhhibah”
実施期日 2015年8月31日(月) ~ 2015年9月6日(日)
内容 ボランティアワーク(Day Centre Muhhibahのペンキ塗り、討論、Muhhibahのメンバー、ロングハウスの住民子どもたちとの交流等
費用 4万円(現地集合解散方式)
募集人数 11名

第17回ACEワークキャンプに参加してくださったキャンパーのご紹介とスタッフ ☆(写真にカーソルをあてて、手のひらマークが出た場合、個人の感想にアクセスできます)  ☆(なお、このHP上のすべての写真は、写真をクリックすると拡大版になります)

ワークキャンパー

1 2 3
    ぶんちゃん     りーちゃん      のーど
4 5 6
   めぐちゃん     ヒロさん      トッシー
7 8 9
    なかさん       ひめ      クリケン
10 11 a_ilst174
    なっちゃん      ターキー

 

スタッフ

12 13 14
    つっちー       けん     かずよ

 

今回もMuhhibahセンターの環境整備にみなさまのご協力を得ることができ、ありがとうございました。

Muhhibahセンターは、こんなにきれいになりました。

IMG_8745

 

 

 

 

関連ポスト:

第17回ACEワークキャンプ・Work編

今回のWorkは、Muhhibahセンター内外のペンキ塗り替えです。

作業は、9月1日(火曜日)から始まりました。これから作業の始まるBeforのMuhhibahセンターです。

1

 

2 (2)

 

まずは、ペンキ上塗り落としから。これで、開設7年経過し、汚れもあちこちに。

4

 

3

 

ペンキ塗り開始。

6

 

 

中も同時に塗り替えの準備をします。

10

 

疲れたア!みんなお昼寝。

11 (2)

 

中もきれいにしていきます。キャンパー・スタッフ・メンバーの共同作業が進みます。

 

国旗掲揚台の場所もきれいに塗り直し。

14

 

ブランコ置き場もそこにあるベンチもきれいになります。屋根まで登った女性たち。

 

9月4日(金曜日)は、村の人たちも来て、ゴトンロヨン。高いところはお任せ。でも女性も登りたがってたなあ。

 

そして、最後は、屋根の汚れ落とし。男性キャンパー頑張る!

23

 

終わったねー。きれいになった!

24

 

これからみんなでBBQ!地べたに座って宴会だ!

 

あちこちで、記念撮影。喜びをわかちあいながら。

 

なごりおしい飲み会はいつまでも続く。

32

 

 

おかげさまでMuhhibahセンターは、こんなにきれいになりました。

IMG_8745

 

翌日、キャンパーたちでMuhhibahリニューアル記念撮影。

33

 

 

関連ポスト:

第17回ACEワークキャンプ・討論&生活編

8月31日(月曜日)Sibu空港ー第一グループ無事到着 これからロングハウスに向かいます。第2グループの3人は、2時間後に着きました。

0

 

オリエンテーション これから1週間の暮らしについて説明。今回は、キャンパー11人の内、新人は3人。リピーターが8人とリピーターの多いワークキャンプです。

明日からの夜の討論のテーマもこの機会にみんなで出し合い、決めました。

 

1

 

たくさんのテーマが出ましたが、話し合える日は4日なので、めぐちゃんがみんなの意見を聞きながら、4回分にまとめてくれました。

2

 

討論

そして、以下のように4回分が提示され、テーマを出したキャンパーを司会に進められることが決まりました。

4

 

6

 

みんなで4夜、熱心に語り合い、自分の気持ちを再確認したり、悩みを吐露し、他の人の意見を聞く人など、きっと個人の立場での収穫もあったことでしょう。

 

 

キャンパーが討論をしている間、子どもたちが玄関のガラス窓から可愛い顔を並べて、中の様子を伺っていました。早く遊んでよ!という声が聞こえそう。

8

 

9

 

生活

この時期、ロング」ハウスはよく街からくる水道が止まりました。でも、昔からロングハウスの人々は、スンガイ・マンディ(川行水)をして暮らしてきました。だからそんな時も平気!キャンパーも好んで川へ。水浴び、洗濯みんなすませて、泳いだり、水をかけあって遊び、楽しんでいました。女性のサロン姿もとても魅力的!

10

 

 

朝夕の空いた時間にヨガをする人たちも。筋肉のかたい人、柔らかい人。みんな笑顔で楽しい時間のようでした。気孔をしている男性もいましたよ。 

 

 仲良く本を読んでる人たち、まるで姉妹のようですね。

17

 

あらあら、ここは一つの枕でお昼寝の男性群。昼間のWorkが応えたと思います。

18

 

9月6日(日曜日)そうこうしているうちにあっという間の1週間。もうお別れです。空港で別れを惜しみながら帰途につきました。

 

22

 

 

 

 

関連ポスト:

第17回ACEワークキャンプ・交流編

第17回ACEワークキャンプを8月31日から9月6日の日程で実施しました。

ここでは、Muhhibahセンターで障害をもつメンバーとの交流とワークキャンプ中の宿舎であるロングハウスの子どもたちや住人との交流を中心にお伝えします。

朝は、毎日、Muhhibahセンターの朝礼から参加しました。「マレーシア・サラワク・日本・RCS」の旗を掲揚し、マレーシアの国家を歌って、朝が始まります。

1

 

2

 

Muhhibahセンターでは、イバンダンスをしたり、歌をうたったり。 昼食用に池で魚をとったり、BBQの準備をして楽しみました。

 

 

 

みんなで仲良く、ハイ、チーズ!

12

 

 

9月4日、今日は最後のWorkでした。マラッカの運転するヴァンで帰るメンバーを見送り、涙の別れでした。 

17

 

9月5日、午前中は、このワークキャンプの感想を言い合ったり、反省会をしました。その後、ロングハウスの共同炊事場で夜のパーティの準備です、ロングハウスの大人も子どももキャンパーも総出です。

男たちは、BBQの火の側で飲みながら。子どもたちは遊びが主。

7

 

 

 

 

13

 

 

 

さあ!最後の夜、これからお別れパーティです。

1

みんなで乾杯!

5

 

食事は廊下でビュッフェ形式。昼間、ロングハウスのみんなでつくった料理です。

20(1)

 

子どもたちはお祭りのよう。ニコニコ顔で遊んでもらっていました。

 

スタッフJennyの一家も合流

23

 

 

JeradのガールフレンドもKapitから参加。歌って、歌って楽しく賑やか。

 

キャンパーのイバンダンス。みんな上手。

 

28

29

30

31

32

33

34

35

 

最後はやっぱりポチョポチョダンス。

36

 

9月6日。お別れの朝。無事に帰れるようにとマイケルさんがお祈りをしてくださって、みんなで見送ってくれました。 

38

 

みんなで記念写真

39

 

 

 

 

 

 

 

関連ポスト:

商業音楽の音楽賞