Category Archives: 参加者の声

第17回ACEワークキャンプ参加者の声【りーちゃん】

2

りーちゃん

私にとってのワークキャンプ  渡邉 里香

ワークキャンプは5本の柱で構成されています。今回はワークキャンプの5本の柱に沿って、私にとってのワークキャンプを振り返っていこうと思います。

1. 生活の体験(異文化を楽しむ)について

私は今回で3回目のワークキャンプでしたが、今までのワークキャンプとの大きな違いは24時間電気が利用できたことではないかと思います。夕食後の討論が白熱し、そのままみんなで楽しく話していると急に電気が落ちる、「あぁ、22時なんだね」、「今日はここまでだね」と言いつつ、蝋燭の明かりの中、再び話し始めたりtuakを飲み始める。朝起きて、階段を下りて行くと和代さんが蝋燭の明かりの中で朝ご飯の準備をして下さっている、といったような光景を当たり前の様に感じていましたが、今回のワークキャンプでは討論後も電気が落ちることはなく、和代さんも蝋燭を必要とせず朝ご飯の準備をして下さっていました。電気が使える生活の方が便利で、日本での私の生活も常に電気を利用しているような生活なのに、ロングハウスで24時間電気が利用できることについては何か寂しさを感じてしまいました。自分勝手な考えですね。ただ、電気が利用できない、インターネット環境が不十分、水が使えないというような不自由さの中にも、ロングハウスでの生活に「豊かさ」を感じていたのだと思います。もう1つ、大好きなmandi sungai。今回のワークキャンプでは水が使えない状況にはなりませんでしたが、洗濯、入浴、川遊びは全てmandi sungaiです。日本だったらしない、抵抗のあることが、ロングハウスの生活だと全く抵抗無く受け入れることができるのは不思議です。それもロングハウスの生活の魅力の1つです。今回のmandi sungaiでは飛び込みもできるようになったので、次は歯磨きができるようになるかもしれません(笑)

2. 労働し、汗を流す(出来ることをできる範囲で仲間と共に)について

 私の職業は看護師で、日本では屋内で仕事をしています。日頃から太陽の下で活動することも少ないのですが、ムヒバでは外でのワークが大好きです。そもそも、ワークキャンプのワークは、私にとって「労働」という所に当てはまりません。ムヒバのメンバーやスタッフと共に活動できることが嬉しくて仕方ないのです。みんな、自分のできることを楽しみながら精一杯行います。自らできることを探し、みんなが協力し合っています。例えば、ペンキをはみ出して塗ってしまったら笑いになって、それを誰も責めることなく、後からちゃんと塗り直してくれます。毎回ムヒバを訪れる度に、以前自分が関わったワークの部分や新しくなったムヒバを見るのが楽しみで仕方ありません。ムヒバも、ムヒバのメンバー、スタッフみんなも、私にとってはとてもかけがえの無い、愛おしい存在、仲間であり家族です。

3. 夕食後の討論(課題討論)について

 今回の討論も色んな意見が聞けてとても楽しかったです。毎回思うのは、自分より年下のみんながとてもしっかりした意見を持っていることへの驚きと、年上の先輩たちの言葉の重みです。キャンパーみんなの意見を聞いて、全てに同意する訳ではありませんが、それぞれの意見に対してとても尊敬しています。話すことで今の自分の心境や考えが分かることも討論の良いところだと感じます。自分の経験に基づいての考えしか話せませんが、それでも、それを聞いてくれるみんながいるという安心感があるのも討論の良いところだと思います。

4. 人との出会い、交流について

 私は毎回キャンパーのみんなのことが大好きになります。人生の中で1週間程度しか一緒にいないのに、人生の中でとてもとても大事な人、私にとっては家族のような存在になります。日本で生活していたら出会えなかったであろうキャンパーのみんなと出会えて、良い刺激をもらって、家族の様に大事な人が増えることは、私にとってとても幸せなことです。

 今回、ムヒバのメンバーとの交流の中で特に印象に残ったことがありました。それは、ペンキ塗りのワーク中に、リティがずっと傍にいてペンキが入った容器を持っていてくれたことです。リティが自ら容器を持ち、ペンキ塗りをしている私たちが塗りやすいようにペンキを差し出してくれました。私と一緒にいても、特別コミュニケーションを取れるわけでも無いのに、ずっと一緒にいてくれるリティの優しさにとても心があたたかくなりました。きっとリティにとったら自然なことなのだと思いますが、改めて、私も誰に対しても自然に優しくなれるような人間になりたいと思いました。

5. 自分を見つめ、表現するについて

 今回のワークキャンプを通して、私は自分に驚いたことがありました。それは、自分の声がよく聞こえたことです。ワーク中、他愛の無いことでメンバーやスタッフのみんなと話している自分の声が、とても大きくなっていることに気付きました。それは楽しくて嬉しくて思わず声も大きくなるといったものでしたが、自分の声が聞こえることでそれを更に実感しました。もう1つは、自分の心の声です。特に今回のワークキャンプでは自分を受け入れている自分の心の声がよく聞こえました。「自分はこんなに自分のことを受け入れられるようになったんだな。」と、正直驚きました。成長とまでは言えませんが、そういった自分の変化を日常生活の中では気付かず、ワークキャンプに来ると感じることができます。20代のキャンパーにとって、ワークキャンプでの経験が今後の人生においてとても有意義なものになると、私もそう思います。けれど、30代の私にとっても、ワークキャンプは今後の人生においてとても重要なものです。私にとっては30代の今だからこそ、感じられるものがあり、新たな目標や夢ができました。私はこれからも前を向いて、mandi sungaiで飛び込みが出来たように、「やってみたい」と思ったことはどんどんやってみようと思います。

 5本の柱に沿って振り返ってみましたが、今回のワークキャンプも私にとってはとても意味のあるものになりました。これからも色んなことがあると思いますが、これからの人生が本当に楽しみです。今回も大変お世話になった健さんや和代さん、土屋さんを始め、関わって下さった皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです。もちろん、1週間近く家をあける私に、「大きくなって帰って来いよ。」と、快く送り出してくれた主人にも感謝しています。この感謝の気持ちをいつも忘れずに、これからも進んでいきたいと思います。本当にありがとうございました。

関連ポスト:

第17回ACEワークキャンプ参加者の声【ひめ】

8ひめ

ありがとう!みなさん! 

もう何回目のワークキャンプへの参加だろう。

昨年もこれが最後と思いながら、今年もまたこれが最後と思い若いキャンパーたちに交じって、できる事がまだあることに喜びと感謝を抱きながら参加させて頂いた。

毎回思うのは、この顔ぶれでのワークキャンプは二度とないだろうと思うと、一日一日が大事な時間になっていく。やんちゃなチャイも成長していて、会えなかった一年余に、人はそれぞれの歩みの中で成長しているのだと驚きを覚える。みんなみんな笑顔が素敵なムヒバの仲間たち。その仲間たちと共に過ごした時間がとても愛おしく、心に栄養を注ぎ込んだ一週間となった。今回の特徴は何といってもキャンパーたちとムヒバのメンバーが心ひとつにワークに徹していたこと。一日の終わりに行う討論会も、それぞれが自分の言葉で思いを伝え合って、否定するのではなく傾聴することで、いろんな考え方があるのだと自分なりに咀嚼していく。私たちの討論の様子をロングハウスの子どもたちが窓から覗いていて、素直な子どもたちの様子は何とも可愛かった。ロングハウスを去って後、和代さんから届いたカワンの様子に留めなく涙があふれて胸がキュンとなった。子どもたちの心はいつだってオープンだ。言葉は通じなくても分かり合える何かを感じることができる。それはムヒバのメンバーにも通じること。携帯もwi-fiも通じないというのが良いのかもしれない。自然と共に生きる環境が、私にとっては心がリセットされる場所だと思えた時間でもあった。そんな時間を許可してくれた職場の同僚にも心から感謝です。

今回が最後と思ったのだけど、また訪ねてみたいと、もうすでにそう思っている。一週間の衣食住を共にしてくださったキャンパーと健さん、和代さん、ツッチーに心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

関連ポスト:

第17回ACEワークキャンプ参加者の声【トッシー】

6

トッシー

ムヒバでみたもの感じたこと

 

一昨年に中澤健さん和代さんとの御縁があり、今回初めてワークキャンプに参加させてもらいました。自分にとっては休暇のリフレッシュ以上のものがありました。何とも文章にはしがたい充実の一週間でした。それを何とか文章にしてみます。

 

シブではお天気にも恵まれて、ムヒバの方々やキャンパーと毎日ワハハとワークが出来ました。ペンキ塗りや足場移動、ハケの掃除、魚の追い込みや、屋根掃除などの色々な手伝いができましたが、笑わない日はなかったように記憶しています。朝から昼過ぎまでワークで体は疲れましたが、心にしんどさを感じることはありませんでした。

ワークの合間には休憩や昼寝、演奏会などがあり、暖かな風に吹かれてゆるやかな時間が流れていました。その時にはしっとりと笑顔に包まれていました。

 

ムヒバセンターの宿舎に泊まらせてもらい、そこから一望できる朝の山々の雰囲気も好きでした。日に日に明るく鮮やかになっていくセンターの壁を見ながら「今日も楽しみー」と雨水タンクの水で顔を洗いました。蛇口をひねれば雨水、もまた人の努力で設置されたもので、ありがたかったです。霧がかかった日などは厳かな感じもして、日ごとに見る山の顔が違ったのも印象的でした。人と自然の中に居る、そんな毎朝でした。

 

ワークの後の川での行水や討論会などはキャンパーたちと過ごしたよい時間でした。

自分もまた悩みや葛藤の中に生きていますが、いろんな方の多様な意見を聞いて、咀嚼して、自分の言葉でもう一度発信してみる。そういったことがワークキャンプに集った友たちと存分にできたのは嬉しかったです。考えに賛否があることは当然でお互いにそれが受け入れられることの心地よさや、様々な考えがあることこそ楽しいと改めて思えました。難しい話もありましたが、お互いを尊重しながら真剣さの中に光明がみえて、皆さんや自分の今後が楽しみになりました。

 

ムヒバでみたものは人々の笑顔です。キャンパーの。ロングハウスの。ムヒバセンターに通う人たちの、みんなの笑顔です。力仕事のときも、歌うときも、美味しいご飯のときも、一緒に蹴ったイボイボのボールで痛くても笑顔でした。金曜日の送迎車のバンへのお見送りではキャンパーもセンターのみんなも、しょんぼりの涙涙でしたが、きっとまた笑顔で再会できると思います。

笑顔には幸せな力がある。そう感じたワークキャンプでした。みなさんまたね。

 

最後に事前にお誘い下さった中澤健さん和代さん、快く受け入れて下さったロングハウスの皆様、ムヒバセンターの皆様、キャンパーの皆様このような機会と出会いに感謝いたします。ありがとうございました。また再会できる日を心待ちにして。

 

9月14日 今川俊彦

関連ポスト:

第17回ACEワークキャンプ参加者の声【ぶんちゃん】

1

ぶんちゃん

前回、初めてワークキャンプに参加して、利用者とスタッフの間に垣根がなく、たくさんの笑顔で溢れているムヒバでの交流、温かさと優しい笑顔があるロングハウスでの生活は自分にとって忘れられないものとなり、帰国してからもマレーシアに帰りたいと思う程かけがえのない場所となりました。ムヒバとロングハウスは自分にとってまるで夢の国のような場所で、ぜひまた行きたいと思い、今回も参加しました。

 ムヒバでのワークと交流は、本当に毎日が楽しくて、その空間にいるだけで幸せな気持ちになれました。みんなが笑顔だから、自分も自然と笑顔になれる、本当に本当に素敵な空間だなと思いました。昼休みにムヒバソングを皆で歌っているときなど、しみじみと「ああいいなぁ」と幸せに浸っていました。幸せに浸りながら、何故ムヒバはみんなの笑顔溢れる、心地よい幸せな場所なのだろうかとふと思いました。そして、その理由考えたとき障がいの有無などに関わらず、ここではみんなが一人の人としてお互いを受け入れているから、みんなが居やすさを感じ、笑顔がたくさんあるのではないかと思いました。前回のワークキャンプでは、心が楽しさと幸せに満たされていましたが、今回は楽しさと幸せに加えて、自分の中に“今、自分がここにいれる幸せ。”この場所にいられることへの感謝の気持ちが自然と湧いてきました。自分がムヒバ、ロングハウスにいて、たくさん笑顔になれて、幸せを感じられることに感謝しなければならないと思いました。

 また、ワークキャンプを通して、将来や自分の進む方向、自分自身について見つめることが出来ました。進路について悩んでいましたが、ワークをしながらスタッフのシマに将来について相談したところ、自分がEnjoy and Happyと思う方に進めば良いというアドバイスをもらい、キャンパーの方々からも自分の楽しい、やりたいと思う方に行けば良いという言葉をいただきました。自分に素直にEnjoy and Happyな方に進んでいこうと思いました。

 ワークキャンプは本当に毎日が楽しくて、心の交流をしながらペンキを塗ったワーク、みんなで歌ったムヒバソング、ロングハウスでの交流、やみつきになったマンディスンガイなど、どれもワークキャンプで過ごした時間はとても素敵な時間で、大切な大切な宝物です。ワークキャンプに参加して本当に良かったと心から思うとともに、健さん、和代さんには本当に感謝申し上げます。

 最後になりましたが、ムヒバのみなさん、ロングハウスのみなさん、キャンパーのみなさん、土屋さん、そして、健さん、和代さん、今回のワークキャンプで出会えた方々に心より感謝します。本当にありがとうございました。

関連ポスト:

第17回ACEワークキャンプ参加者の声【なっちゃん】

10

なっちゃん

最後のワークキャンプ 

 日本に向かう飛行機の中でたくさんの思い出を振り返りました。夜の飛行機から見下ろす東京はいろんな色の明かりがきらきら光って、本当に綺麗でした。

 今回のワークキャンプは最後ということもあるけれど、それだけではない理由で、私の中で特別なものになりました。感じるままに表現すると、体の中の毒素が全部排出されて、浄化されたような感じです。日本にいてこの1年半くらい、悩むことが多くて体調もすぐれず、前向きな気持ちになれないことが多くありました。でもムヒバに行って、みんなの変わらない笑顔を見て、自分自身ではどうしようもなかった気持ちがきれいになくなりました。やっぱりムヒバのパワーはすごいなと思います。楽しく明るく、みんなで仲良くするという、小学校の頃に教えられたような、平和であること、幸せでいることの基盤が日常にあります。私は分かっているつもりで、やっぱり忘れていたなぁと反省しました。ムヒバに来ると、いつ来ても変わらないみんなの笑顔ややさしさがそれを思い出させてくれます。

 そして最後のワークキャンプということで、ペンキ塗りをしてムヒバを綺麗にする作業に携われたことを嬉しく思います。どこの箇所も誰かが手をかけて作ったものだと思うと大切にしたいと思えたし、そうやって人の手や思いがいくつもかけられてこんな素敵な場所ができたんだなぁと感じます。そしてこの場所に縁があって出会えたことが本当に幸せです。このような場所をつくってくださった健さん、和代さんに本当に感謝しています。こんな場所をたくさんつくりたいし、ムヒバやロングハウスで過ごしたときのような気持ちをいつも忘れずにいたいです。

 また今回も素敵なワークキャンパーに出会えて、こんなふうになりたいと思える人生の先輩たちの話が聞けたことも良い勉強になりました。今回も参加できてよかったです。

これからもずっとムヒバに笑顔がありますように!   竹森菜摘

関連ポスト:

商業音楽の音楽賞