Category Archives: 参加者の声

第17回ACEワークキャンプ参加者の声【ヒロさん】

5

ヒロさん

9月11日の今日、久し振りに一人で過ごす時間を持てています。言うまでもなく、今日はアメリカ同時多発テロが起きた日。(クリケンがグランドゼロに行って衝撃を受けたって言ってたね)

ただ、朝から日本のマスコミは鬼怒川決壊のニュースばかりで、この話題を扱っているところは全くない様子です。

9.11に思うことは、皆が憎み合わずに過ごせたらどんなにいいだろうか...ということ。

討論会で話きれなかった「幸せ」についてもう少し書かせてください。

タモリがテレビで言ってましたが、幸という文字は象形文字で、手かせ足かせを付けられ死刑を免れた者の姿からできている文字だそうです。

つまり、人は今よりも更なる欲を満たして幸せを感じるのではなく、後ろを見て運が良かったなどと幸せを感じるものであるという話です。

ムヒバやブータンの人達の幸せはこんなところにあるのではないでしょうか。

自然と共に暮らす生活では、恵みもあれば、災いもあります。その両方と向き合う生活だからこそ、運の良さ、そして幸せを感じられるのではないでしょうか。

科学や統計学や様々なシステムで、自然のような、出来っこないものを制御しようとし、問題意識ばかり感じている日本人とはちょっと違いますよね!(^_^;)

東日本大震災でも、想像を絶する状況のなかで、幸せを感じた人がいたと聞いています。自分は死なずに済んだと...。

命の大切さを知っているものが感じることのできる幸せなんでしょうね。

 

残念ながら、人間にはもう一つの幸せの感じ方があります。それは周りと比較して感じる幸せです。

高収入・高学歴・高コレステロール?など人より恵まれている自分に幸せを感じてしまうものです。

先進国と開発途上国の差もまたこの部分ではないでしょうか。あらゆる国々が資本主義至上となり、豊かさを求めて突き進む。周りからの優越感を求めて必死になっている世の中。いつか地球規模の大災害が起き、そこで初めて前述のような幸せに気づき、我に帰るのか...。

あらっ、何か嫌なおっさんの説法じみた文章になっちゃいましたかね。

 

周りのと比較での幸福感は感じるなって言っても無理なことですよね。けど、ぜひ心がけなくてはならないことがあると思います。それは目の前の人を尊敬する、今風に言うとリスペクトする気持ちです。

ムヒバの皆はきっとこれができています。一人ひとりができることがはっきりしている。だからその人の良さがすぐ分かる。互いが頼り頼られ、生かされている。そんな場所だから、自分もとっても居心地がいい。そしてそこにはリスペクトがある。

本当にいいものを見せてもらいましたし、以前うちの職場にもはっきりあったこの雰囲気が最近薄らいでいることに気づくことができた機会であったように思えます。ぜひ、これからに生かしたいと思っています。

 

みんな元気ですか?今回のワークキャンプでの一番の収穫は、若い頃に戻ってみんなと一緒に過ごせたことです。

踊って、歌って、泳いで、塗って、疲れて、休んで、また塗って、笑って、抱き合って、飲んで、寝て、しょんべんして、洗濯して、飯食って、ヨガして、星見て、話をして、そして裏討論して。(笑)

楽しい時間をありがとう!きっとまた皆さんに会えると信じています。

健さん、和代さん、土屋さんに心から感謝申し上げます。ありがとうございました。

 

(追伸)

帰国後、私がfacebookにボルネオの写真を載せたら、インドネシアの友人達が昔の私の写真を引っ張り出し、ネット上で思い出話をしていました。楽しかった思い出はいつまでも色あせずに心の中に残っているのですね。ムヒバで過ごした時間もそんな思い出になりそうです。

 

2015.9.11  中川博司

関連ポスト:

第17回ACEワークキャンプ参加者の声【クリケン】

9

クリケン

三回目のワークキャンプから帰って来て思ったこと‥一回目二回目の時は強く思ったのに、今回はほとんど思わない‥それは逆ホームシック!笑
東京では当たり前の熱いシャワーをわざと常温で浴びてみたり、川で洗った服を洗わずにいつまでも 着てみる。人混みが以上に嫌いになったり南国の果物をわざわざ探してみる。
今回はその感じが全くない。。
なんでだろ?‥三回目だから慣れちゃった?けっこう薄情だな、俺。なんてちょっと思ったがすぐになんでかわかった。。なんでだろ?‥三回目だから慣れちゃった?けっこう薄情だな、俺。なんてちょっと思ったがすぐになんでかわかった。。
あそこは俺にとって天国でも夢の国でもない‥「故郷」。
今を生活する東京の空と確実に繋がっている、確実に存在している俺の「故郷」。帰りたくなったらまた帰ればいい、ワークキャンプがなくても帰ればいい。今でも俺の心の拠り所ではあるけれど、縋り付く必要はない。そんな弱い自分を出したらイバンの男衆に笑われる。強くなったってことなのかはちょっとわからないけれど、こうしている今もムヒバのみんなやロングハウスの人達をなんとなく感じる。
さぁ次帰る時は向こうで何ができるかいろいろ考えてみよう。四回目はもっと何かができるはずだ。以上が今回の第十七回ワークキャンプの感想です。相変わらずのヘンテコな文章ですが、よろしくお願いします!
健さん和代さんツッチー、ありがとうございました!!

関連ポスト:

第17回ACEワークキャンプ参加者の声【のーど】

3

のーど

今回、ワークキャンプに参加して、毎日本当に充実した素敵な時間を過ごさせて頂きました。「海外ボランティアにいってみたい」「海外の福祉を見てみたい」等のそんな漠然とした思いをアルバイト先の後輩に口にしてみると、直美さん、ヒメ(涼子さん)、ターキー(たつきさん)と沖縄で出会い、色んなご縁に恵まれて、導かれたかのように数ヶ月後にはマレーシアにたっていました。その数ヶ月間は毎日うきうきで遠足前気分でした。その数々のご縁には感謝してもしきれません。

ムヒバでは、誰が利用者なのかスタッフなのか分からず、皆で同じことに取り組み、昼寝をしてダンスをして、歌を歌い、利用者もスタッフも分け隔てのない心地よい空間でした。言葉はほとんど通じなくとも、なんだか心が通じ合えている気がして、常に声を掛けてくれたり、同じことで爆笑し合い、困っているとすぐに助けに来てくれたり、私の全てを受け入れてくれました。

ムヒバやロングハウスの皆さん、キャンパー、健さん、和代さんは私を家族のように接してくれて、皆んなの側に居られることがとても楽しくて幸せでした。常に会話の中や、夜の討論会でも、普段友達とも話さないような話題を真剣に語り合い、何でも受け入れてくれるキャンパーの優しさから、気がつけば素直な言葉たちが出てきている、不思議な感覚を覚えました。

帰る頃には子どもたちが「明日あなたが日本に帰るのが寂しい」と泣きながら言ってくれたり、ゴトンヨロンの時「いつでも帰ってきてね。あなたは私の娘だよ。」と言ってくれた方もいました。嬉しい寂しい幸せな気持ちでいっぱいで、マレーシアに来てから私の涙腺は毎日崩壊していました。

鶏の声で目覚め、川でシャンプーをし、ポチョポチョを踊り、tuakを呑んで、満天の星空を見て、和代さんの言葉をお借りすると涙が出るほどの笑顔を見て、全てが素敵な思い出です。人生で一番の宝物になりました。

皆さんにまたお会い出来ることを楽しみにしています。和代さんに教えて頂いた、tuak作り沖縄でやり遂げてみせるので、上手く作れたら皆んなで集まって呑みましょう!

出会いに感謝します。
本当にありがとうございました。

関連ポスト:

第17回ACEワークキャンプ参加者の声【なかさん】

7なかさん

 

ワークキャンプを終えて

今回のワークキャンプで、一番印象に残っているのは、出会った人々の笑顔です。
メンバー、スタッフ、キャンパー、ロングハウスの人々の笑顔、笑顔。
汗を流す、皆ができる範囲で楽しく全力で、一生懸命に。
疲れたら休む、自分のできることを自分のペースで。

今回も、いろいろの人々からたくさんの愛をいただきました。
暖かな心で、その人なりの表現で。
私の心は、いつの間にかきれいに掃除され、新しいペンキで塗られていきました。
たまった汚れを洗い流してくれました。
ありがとうございました。
心より感謝しております。

ワークキャンプの始まる前と終った後に、健さんと和代さんの話を聞くことができました。
本人が、本人自身で、自分の人生の主役になって、自立の道を歩むことが、いかに大切なことであるか。
その思いが、ムヒバに集う人々に、具体的な姿となって、私たちに語りかけ、包み込んでくれました。
このような機会をあてえてくださった、健さん、和代さん、つっちーさんに、感謝します。

最後の最後のワークキャンプ。
門と建物は、見違えるほど美しくなりました。
ムヒバの自立への道から学んだことを、私の身の回りから実践していきたい。
きっとそのことが、平和への道につながることを信じて。

2015年9月9日 中村 豊

 

関連ポスト:

第16回ACEワークキャンプ参加者の声【ターキー】

IMG_0880

ターキー

私は去年の11月に大学の授業の一環として沖縄国際センターJICAで行われたシンポジウムに参加しました。そこでは健さん、和代さんがマレーシアでの活動をテーマに講演をしていました。この講演で私は福祉に興味を持ちマレーシアワークキャンプに参加するきっかけになりました

シンポジウムの後、私は中澤夫妻のいるマレーシアに是非行きたいと思いました。しかしろくに沖縄から出た事のない私にとってそれは未知の旅であり不安が大きく決心する事ができずにいました。そんな私に大学でお世話になっている直美先生から「マレーシアでワークキャンプがあるよ」との事。それでもなかなか決心できずにいる私に直美先生が「大丈夫!行っておいで!」と背中を押してくれて母親と大喧嘩をし、行く事を決心しました。

沖縄から出た事が無いので不安の大きい旅でしたがなんとかクアラルンプールに到着。そこからシブに行くために飛行機に搭乗したのですが待つ事一時間、飛行機が出ず一度出される始末。さらに待つ事一時間、やっとシブに向けて飛んでくれました。やっと目的地に着き那覇で預けた荷物を取ろうと流れてくるのを待っていたのですが、荷物が出てこない!クタクタな上に荷物が出てこないという私の初めての海外生活は最悪なスタートを切りました。

しかし一日で荷物のことを忘れるくらいワークキャンプでは素晴らしい人達に出会い素晴らしい時間を過ごしました。そして私がこのワークキャンンプでとても印象的だったのが笑顔です。色々な物が溢れていて便利な日本と比べて圧倒的に貧しい所でしたが、純粋で素敵な笑顔がたくさんありました。日本は物に溢れていてとても便利ですが、何か大切な物を失っていると思わざるをえませんでした。

朝、小鳥の鳴き声があんなに心地よく聴こえてきたのは初めてでとても気持ちのいい朝でした。ゴトンヨロンではとても大変な作業のはずなのに皆心から楽しんでいるようで、私は作業中なのに癒されてしまいました。ムヒバでは誰が利用者かわからないほど利用者とスタッフとの間に心の壁を感じませんでした。交流会の時に踊ったポチョポチョは私が今まで踊ったダンスの中で一番楽しく特別なダンスです。 夜の討論会では私も沖縄の基地問題をテーマに司会させて頂いたのですがやはり沖縄にいたら出てこないような意見をたくさん聞けたので私の中でとても重要な討論会になりました。討論会の後は寝る前の天体観測。南十字星を見られたのは一生の自慢です。

このキャンプを通して私は福祉事業に一層興味をもち、キャンプでとてもお世話になった村田さんことヒメの下で勉強しながら働かせてもらっています。これもキャンプのおかげですね。

最後に最初の海外がマレーシアで本当によかったです。振り返ると皆さんの笑顔しかでてきません。本当に心から楽しかったのだと思います。荷物は結局でてきませんでしたが、沖縄で交渉を続けてみます。健さん和代さんすばらしい体験をありがとうございます。土屋さん、荷物の件やお金、衣類などとても助かりました。キャンパーの皆さん、皆さんと素敵な時間を供有できて本当によかったです。皆さんまたお会いできる事を楽しみにしています。

関連ポスト:

商業音楽の音楽賞