現地の方々や子どもたちと触れあう機会はありますか?

もちろん、地元の人たちとの触れ合いが、このワークキャンプの柱の一つです。
ちなみにワークキャンプの3つの柱は、Work・討論・交流です。

一日のWorkが終わった夕方や日曜日などに自由にロングハウスの中や周辺で、現地の人々と交流してください。

Posted in: ワークキャンプについて

関連ポスト:

  • No Related Posts
商業音楽の音楽賞