続 学校訪問 中学校(2005.10.28)

Sedaya中学校(生徒数1,300人)

この中学校は、創立より25年経過している。
90%が寮生活をしながら学習している。
問題は、経済的理由で学校に来ることができない子どもたちがいることである。
全校の子どもたちの出身地は、Kapit、Sibu、その他で、広範囲をバーしている。
学習障害をもっている子どもたちは、20人余りおり、Slow learnerと呼ばれている。

この日、20人の内、8人の子どもたちと会わせてもらって、簡単なインタビューを行った。
自分の名前と自分の住んでいるロングハウス名は、書ける子どもたちであるが、中には、仲間にアルファベットを教えてもらいながら、やっと書く場合もあった。しかし、表情は明るく、将来の夢として、兵隊、先生、看護婦、警察官などと答え、この国での公務員指向が垣間見えた気がした。教員ひとりが同席していたので、それぞれの子どもたちの心の問題には触れることができず、いくつかの質問には全て肯定的な答えが返ってきた。実際にこの子どもたちは、将来どのように過ごすのだろうか。もっと親しくなって、本音を聞いてみたいし、家族のこと、ロングハウスに戻った時の過ごし方などを継続的に聞けたら、と感じている。来年早々に再度の訪問の約束をし、学校を去った。

*川の上流・山間部などの調査を通じて、少しずつ進めて行きたいと思っています。

関連ポスト:

  • No Related Posts
« | Category: サラワク村落部実態調査 |
商業音楽の音楽賞