石原新党に期待と不安 さぁ、どうする?

政治の混迷が続いている。政権交代以前から、日本のトップは毎年代わり、その都度、どんな形の日本を目指すかとの問に、トップからの明確な答えはなかった。もし質問した側が問われたとしても、明確には答えられなかっただろう。やや続いた小泉さんの手法は勇ましくて面白かったが、好戦的な当時のアメリカ大統領に密着するばかりで、5年という時間があったにもかかわらず、例えば沖縄をどうするとか、財政再建と社会保障などの展望は見えず、郵政民営化に熱を上げただけだった。

今、強いリーダーが望まれている中、石原慎太郎都知事が亀井氏や平沼氏と新党立ち上げ準備をしているという。見識ある高齢者に一度政権を戻したらどうかと提案してきた私としては、悪くないなぁという思いが強い。大阪の橋下市長がどう動くかとマスコミは耳を澄ましているが、そんなことはどうでも良い。生気を失った若者が、もてる力が発揮したいと思えるような、そんな社会、そんな時代にするためには、強いリーダーシップで早急に教育を改革する必要がある。単に民主主義、平等、公平といった形骸でなく、自分の価値基準を持った、思考力と表現力のある子どもに育って欲しいと思うし、石原さんはその面では同じ思いだろうと思えるからだ。

だが、不安も大きい。正統派保守の色合いから感じる、国粋的な軍国への臭いがするからだ。君が代も国旗も天皇制も私は否定しない。が、象徴天皇を基礎にした現在の平和憲法を私は支持してきたし、これからも当分の間は支持したい。平和と武器は馴染まない。それに今は、国土も経済も、帝国指向の時代ではない。いわば、地方化、地域化(Localization)の時代だと思う。

あれもこれもと自分の願いばかりを挙げつらうのは虫が良いというものだろうか。基本は矢張り、国のトップに良き指導者たれと期待する前に、国民のひとり一人が、国を思い明日の世界を思い、思いを託す人を判断する見識を持つことが大切なのだ。そこに向けて輪を広げることが、いま私たちに出来る唯一のことかも知れない。今度は間違ってはならないと思う。

 

関連ポスト:

« | Category: Ken ブログ | »
商業音楽の音楽賞