今日は旧正月、いわば元旦!

マレーシアでは今日と明日は国民の祝日。中国系のお正月だ。

この”Chinese New Year”前の1ヶ月ほどの賑やかさは、ペナンでもクチンでも経験したので驚かないが、このサラワクのシブの前夜からの花火と爆竹の派手さ加減はすごい。半端じゃない。 凄まじい。はっきり言ってうるさい程度のものではない。あたかも激戦地の只中にいるようだ。音だけではなく、閉めきった家の中にも煙が入ってくる。右も左も前も後ろも花火が打ち上げられて綺麗には違いないが、煙に霞んでくっきりは見えない。

日本の大晦日の、シンとした「行く年来る年」、ゴーンと遠くから聞こえる鐘の音が懐かしい。何という違いだろう。

そんな故国へのノスタルジアのゆとりもない激しい音の連続だが、妙にそう厭なものでもない。中国系以外の住民もいるのにと思う反面、思いっきり元気に景気づけをしている姿と、それを容認している他人種の人たちがいて、結構良いじゃないかという気分でもある。

翌朝は、花火や爆竹の沢山の屑、見ようによっては多量の赤い花びらに見えなくもないが、日本なら早朝から家人が掃いて清めるところだが、ここではそんなことはしない。殆ど誇らしげに、1日中そのままにしておく。どの家も、家の前はえらい剣幕だが、そこに沢山のお客さんが出たり入ったり・・・。

周り中がそうならと、少々火薬臭い家で、私もお昼から妻とビールを飲んだ。

関連ポスト:

« | Category: Ken ブログ | »
商業音楽の音楽賞