頑張っている日本の技術 in ボルネオ

 

頑張れ日本! 世界中の沢山の人々が声援を送っている。息を詰める思いで見つめている。日本はきっと復興すると信じ、むしろ楽しみにしているように思う。どういう復興の仕方をするのだろうか? 日本の国民は結束出来るのだろうか? 原発はどうするのだろう? 以前の日本に戻るのか、それとも、新しい姿形の日本を創るのだろうか・・・? 好奇の目ではなく、期待と憬れの耳目で見守っている。

今日はボルネオで頑張っている私の愛車について書こう。

私が長年に亘って愛用している車は、マレーシアが誇る国産車第一号、プロトン サガ イスワラ 1997年型。真っ赤なボディー。ペナンで13年前、7,000㌔の中古を手に入れた。その前に持っていた車をペナンの作業所の土地代を払う時に売ってしまい、2年くらいはバイクに乗っていた。ところが当時87歳の母が1ヶ月来ることになり、どうしても車を手に入れなければならなくなった時、シンガポールに移住する一家が新車に近い車を安く譲ってくれたものである。以来、13年間に何と42万㌔の走行。16万㌔でペナンから船便でボルネオに来て、もう8年になる。日本では、同じ車に20万㌔乗る人は珍しい。それが、42万㌔である。誇らしい気持ちだ。

実はこのマレーシア自慢の国産車のエンジンは、知る人ぞ知る、日本の三菱自動車の技術で造られたものである。今日もボルネオの大地をペナンナンバーPDW6855は快調に走る。日本の技術が、頑張っていることを知らせたくて、今日の登場となった。確かに相当の高齢である。鮮やかな赤の塗装は、はげかかっているところはあるし、1日エンジンをかけないでいると翌日かかりにくい。雨が激しい時に雨漏りするのには閉口だが、 無理に本降りの時に乗らなければ良いわけだ。

この頃はシブの街に出ると韓国車もよく走っている。が、何と言っても日本車は土地の人の憧れだ。シブで多いのは圧倒的にトヨタ、ペナンの人気はホンダだった。マレーシア国産車の車種も増えたが、今も人気はプロトン サガ。三菱自動車のエンジンの性能が良いためだろう。日本人の誇りである。

東北がんばれ! 日本がんばれ! 実は車ばかりではない。日本の技術は何でも定評がある。家電製品も草刈り機、精密機器から大型機械も、日本の製品は安心だという評価は此処ボルネオでは定着している。今度の震災で、中小企業の果たす役割の大きさも理解された。大企業だけでは動けないと。持ちつ持たれつ、これからだ。共助の精神で、自信を持って、国づくりをしよう!世界中の人々の注目の中で。

さて、私の赤いProton saga は、どこまで記録が伸びるのだろう。お互い高齢者(車)、いたわり合っていこう!

関連ポスト:

« | Category: Ken ブログ | »
商業音楽の音楽賞