4月Toy Boat Project

4/3  スタッフ採用

Intervew Anthony

元教員をしていた方で、Kapit周辺を熟知している人、強力な味方です。

 

4/14 打ち合わせをしました。

スタッフ・Kapitの医者・保健局の医者・PDKの理事長・地元ライオンズクラブ・新聞記者たちですが、普段から奥地の障害児者に何かできないか、と考えている人とそのことに興味を覚えた人たちが集まりました。
Anthony Jalin・Stanley(ライオンズクラブ)・Evelyn Biju・Dr.Sia・Ea Sia・Dr Ivan(保健局)・James Ling(ボルネオポスト)

4/15 7:30 朝食 7人
8:40 Kapit Town
9:40 船着場

15.04

Rajang川のKapitからBoatで、出発・ここから対岸の村、Mujongにボートで向かいます。

15.014

9:50 SK NANGA MUJONG という学校に着き、先生がこの学校の歴史を説明してくれました。(All Gotong Royongで建設)17人の教師

16.035
算数・国語のみ特別クラス、Sllow learner 3年生 2人、2年生 2人
社会性はOK
教師が特別の教育を受けているわけではなく、スキルなく、教育用の器財もない。

OKUカードも持っていない。
この学校にはスペシャルニーズを持っているこどもが12人いる。

私たちのチームができることが何かあると思いました。

 

 

Crinic訪問

(Kapitには20 Crinic 300 longhouse 人口80,000人 Town 10,000人15.039
3人の看護師・2人のMedical Assistant・3人の補助職員

 

 

 

そして、Crinicの近くのロングハウスをたずねました。

 

RH INTING

2人のスペシャルニーズの子どもがいます。15.026

 

 

 

 

再び、Crinicに戻り、看護師さんたちがつくってくれた昼食をいただきました。

15.034

 

4/16

7:00 朝食
Chengさん見送り
Boat Oil 購入
Menuan(go down river 10分 use by boat)

 

10:30 小学校にあがる前に母親と共に通う練習場のようなものがあります。

16.01816.032

この学校は、全寮制で、子どもたちは、寄宿舎で、共同生活をしています。

ここには、11人のスペシャルニーズを持つ子どもたちがいて、先生が一人ひとりを紹介してくれました。

16.035

Rajang川支流を long boatで移動

ここまで来るには、大変でした。Rajang川の支流は、季節によって、水かさが低くなり、Boatが動かなくなります。比較的、水の量が多いと言われた今日も、やはり、途中でBoatを降り、引かなければなりませんでした。地元の看護師さんや、PDKのスーパーバイザーは、その場が来ると、ひらりとBoatを飛び降り、Boatのドライバーやアシスタントを助けて、一緒に引きます。でも、私たちは…、健は、一緒に引こうと川に入りましたが、フラフラして、すぐにみんなに止められました。

13:45 RH Garai Sg Menuan

 

16.057
16.060

このロングハウスでは、Boatをつくっていました。

 

 

 

 

 

このロングハウスでは、ひとりの目の見えない女性と知的障害をもつ二人の男の子に出会いました。

Girl 39歳 9人家族と一緒に住んでいます。16.062
name Bidai AK Jingai 340215-13-5724
7歳の時、川に溺れた。病院クリニック、学校行ってないそうです。何もすることがなく、ただ、じっと
すわっているだけ…。何かできるでしょうか?何に興味をもってくれるでしょうか?少しでも、彼女の
人生が豊かになると良いのですが。

 

 

 

Boy 5歳

name RUDY AK Gidang

16.069

この子は、口内裂ですが、すでに手術をしています。

 

 

 

 

 

Boy 7歳16.070
name MEGONG ANAK MASAM

この子も同じ、口内裂ですが、何もしていないのです。母親はたくさんの子持ちですが、意識が
低いようでした。

 

 

 

また、Boatで移動です。

 

16.074

 

15:00 RH Latitに着きました。16.075

 

 

 

 

ここでもダウン症の子どもに出会いました。

Boy 4歳16.077
name Lumu Anak INTAN
ダウン症 レジスターしている。身長88cm
おしりですり動き。 立てない。 しゃべれない。
6ヶ月か7ヶ月で早産 1200g
お金の問題でPDKに行けない。(Kapitまで、Boat30)ということで、彼のために何かを用意して
みたいです。

 

 

 

RH Penghulu  今日、最後のロングハウスです。16.084

 

 

 

 

 

 

 

ここでもひとりの少女に出会いました。障害児として登録していますが、Boatでの移動が危険であることで、どこにも行けていません。もちろん学校にも行ってないのです。

Girl16.086
name Santi
Get RM300.00
レジスターしているとのことでした。結局、今回、訪問した全てのロングハウスに障害のある子どもが
いることがわかりました。

私たちは、できるこを考えて、この人たちに機会をつくりたいと思います。

関連ポスト:

  • No Related Posts
« | Category: Rajang ToyBoat Project,サラワク RCS ブログ  | »
商業音楽の音楽賞