Tag Archives: 第7回

第7回ACEワークキャンプ 参加者一覧

 

 

第7回ACEワークキャンプに参加してくれたキャンパーのご紹介。

(写真をクリックして手のひらマークが出た場合、個人の感想にアクセスできます)

あやな

あやな

まあくん

まあくん

くみちゃん

くみちゃん

かみやん

かみやん

そばじ

そばじ

ナウカ

ナウカ

しなぴょん

しなぴょん

なかちゃん

なかちゃん



スタッフ一同

つっちー

つっちー

かずよ

かずよ

けん

けん




今回も、とても有意義で楽しいWork campになりました。
お世話になったみなさま、ありがとうございました。

関連ポスト:

第7回ACEワークキャンプ参加 【なかちゃん】


なかちゃん

なかちゃん



第7回ワークキャンプに参加して

<ボルネオ島のロングハウスには,人としての生活の全てがあります>
マレーシアの話に出会うと,「マレーシアには,地域福祉たずさわっている日本人がいて,・・・」
徳島出身の女性と出会うと,「徳島出身の女性で素敵な人がいるんです。マレーシアのボルネオ島で,・・・」と話している自分に気がつきます。身のこなしの話しになると,「マレーシアのイバン族の人達は,丸太の上でチェンソーを使って,・・・」という具合に,日本に帰国した後も,マレーシアのことが頭を離れません。今回キャンプの途中で帰国したこともあって,心はマレーシアに置いてきてしまったようです。

待ちに待った私にとっての2回目のワークキャンプが,楽しく過ごせたのも,キャンパーの人々のおかげです。
途中で帰った私に,みんなから贈られたメッセージがどれほど日本で生活している私を,励ましてくれたことか。
そして,ロングハウスの人々,ムヒバの人々やスタッフの方々,なによりこのワークキャンプを企画してくださった中澤健さん,和代さん,あこがれの土屋さん本当にありがとうございます。
普段忘れてしまっている大切なことを思い出させていただきました。

<長時間働いても疲れない身のこなし>
今回,改めて感じたことは,イバンの人々が持っている身体能力の凄さと知恵の深さです。
圧巻は,ジャングルでの大木の切り出しとバーベキューの準備。
丸太の上を裸足で,チェンソーを使って大木を切り出すときの姿には,ただただ驚くばかりでした。しかもリーダーが切り出しを行うばかりでなく,父が切り出し,息子が切り出し,仲間が切り出しと,皆同様な技術を持っているのです。後日草木染めの小屋作りでは,なんと屋根の骨組みの上で,チェンソーを使っていました。その身のこなしとバランス感覚は,見事としか言いようがありません。自然の中で身体をどう使えばよいか,知りつくしている動きでした。

女性達は,バーベキューの支度のため,網以外は全てジャングルにあるものを使って,即席のバーベキューコンロを作り,肉を焼き,スープを温めていました。イバンの人々が,自分たちの文化に誇りと自信を持っているのも,当然な気がしました。

<私の故郷と同じ香りのするロングハウスへふたたび>
置き忘れた心をとりにふたたびロングハウスを訪れます。
日本にいると見失いがちな日々の生活の大切なひとこまひとこまを,ゆっくりと味わうために。
そして,ムヒバの人達が,どう年月を重ねていくのか,出会うために。その時まで,日本にいて自分にできることを,肩の力を抜いて楽しんで仲間とともに生活を送りたい。


関連ポスト:

第7回ACEワークキャンプ参加 【しなぴょん】

しなぴょん

しなぴょん



ほんとうにきてよかった。
この一言に尽きます。
今でも目を閉じたら私の目の前に広がるマレーシアの空。みんなの笑顔。
また絶対戻ってきたい、そう思う場所でした。
思い出したらきりがなくて、何書けばいいのかわからなかったので、むこうで感じて、これからこうしようと思ったこと、書きます。
●人の温かさ
むこうで生活していると1秒たりとも感じずにはいられない。ここに来て、人ってこんなにあったかいんだぁって感じました。笑顔で話しかけてくれたり、お母さんみたいにあれこれ通じないイヴァン語で世話をやいてくれたり、そうそうみんなお腹の心配まで。。。人 対 人 の大切さを思い出させてくれました。ほんとにありがとう。
●解放感
空を見て、日本みたいに空を狭くする馬鹿でかい建物なんか一つもなくて、本当に「空」だけがただただ広がっていて、目を閉じて耳を澄ませると、風が吹く音と、鳥がなにかいっている音が聞こえて、ものすごく気持ちよくて、わたしって自由なんだなって思いました。時間、やらなきゃいけないこと、周り、気付かない間にいろんなものに縛られて本当にやりたいことを置きっぱなしにしてたことを思い出しました。ありがとう。
●贅沢
日本は良くも悪くも早いことがいいと思われているところがあると思います。友だちと話しながら手で洗濯をする。みんな揃ってご飯を食べる。豚に餌をあげる。小屋をみんなで1から作る。廊下でみんなとお昼寝する。フルーツを採りにいく。歩いてムヒバまでいく。あっちの人にとっては当たり前のことも、私には自分がすること対して丁寧なことってとても贅沢な時間の使い方の様に思えました。日本にいても時間を、物を、そして自分を、丁寧に扱えるひとになりたいな。
●若さ
イヴァンの方々、大人から子どもまでみんな若い!!!!そしてみんな目がきらきらしている。ムヒバのみんな、元気!!!!年齢、障害、関係なく、ほんとにみんなのパワーには圧倒させられパワーをもらう毎日でした。どこからあんな活力湧くのかな?食べ物、自然、人、環境、いやほんと素敵だな。今度一度探ってみたい。
それから自分の未熟さ。特に討論の時の政治に対しての無知さ。若いといっても来年にはもう二十歳。有権者になるからということだけではなく、自分の国がいまどういう状況にあってこれからどこに向かっていくのか、知ってて当たり前。ゼロからだけど、きちんと勉強しようと思いました。
●感謝
もーこの言葉に尽きる。健さん、和代さん、土屋さん!マイケルさん、ポーリン、マラッカ、ジェニー、なうピー、なかちゃん、くみーにょ、AYA NA!マー君、ソバ、イマナラ、ウィルソン、あのお母さん、その息子・・・だめだ書いたらきりがない!!!!ほんとみんなにありがとうを言いたい。何にかっていったらそりゃすべてに。
わたしがこれからやるべきことは、ここで感じたこと、与えてもらったこと、教えてもらったこと、とにかくたくさんのかけがえのないことを、ここで感じてここで終わりにするんじゃなくて、これからの人生、大学生活、朝の挨拶、自分自身につなげていくことだと思いました。
●最後に
無事に帰ってくることができました。健さん、和代さん、ご心配、ご迷惑おかけしました。
土屋さん、本当に申し訳ありませんでした。そして本当に本当にありがとうございました。
日本語にありがとう以上の感謝の言葉を作りたいくらい感謝しています。同時に反省も。
次回お会いする時には、きちんと自分のことくらいはできるように日々努めます。
本当にありがとうございました。
あーまだまだ書きたいことがいっぱいだ。
がしかし、多分書いても書いても言葉なんかじゃあそこのよさは伝えられない。
私文章力ないしな。
この意味がいった人なら分かるだろうしまだいってない人はいってみればわかるからここらへんでしいなのイヴァンの旅はお終い!
今日も1日HAPPYでした!
明日は「明るい日」!!
以上です。

関連ポスト:

第7回ACEワークキャンプ参加 【そばじ】


そばじ

そばじ


シブのロングハウスを離れて早くも三週間が経とうとしています。
あれからペナンで一週間ほど過ごし、帰ってすぐ土日返上の仕事中毒の生活に突入し、今、日本の現実のなかで流されかけています。

サラワクでの数日間を思い起こすに、単なる懐かしさではない「何か」が心に引っかかっています。帰国してからいろいろな活動の中で何か、釈然としない何かを感じています。
仕事がこなせないとだめなの?勉強ができないとだめなの?空気を読んでそれに合わせないとだめなの?働いていないとだめなの?その人なりの生き方ではだめなの?

私自身、日々の生活や仕事での関わりの中で、おおらかさ・寛容さが少なくなってきたような気がしています。
(もちろん心がけては居ますが・・・なかなかに難しい)
協働、その人なりの生き方・関わり、それを包むおおらかさ、優しさ、それが今の私に必要な気がしました。
今、目の前にいる人たちの笑顔を絶やさないようにするにはどうすれば良いのだろう。
ロングハウスで、Muhhibahでこれらの大切さを思いだしたように思います。

今回、私を暖かく受け入れて下さったロングハウスやMuhhibahの方々、途中から参加したにもかかわらず仲間として迎えて下さったワークキャンパーや主催者の方々に感謝します。

・・・・最後に、またお伺いしてもいいですか?




関連ポスト:

第7回ACEワークキャンプ参加 【あやな】

あやな

あやな


2009年の夏のワークキャンプ。

今回で私は3回目の参加となりました。
この3回は、キャンパーも違えば行う作業も違う。
毎回内容も違うので、毎回得られる物や事柄が異なります。

今回のキャンパーは、大学生の女性が私を含め5人、そして男性のキャンパーは学生が一人もいなく、皆さん社会人の方ばかりという、少し変わった組み合わせでした。
しかし、討論や作業の時に、普段はあまり接点が無かったり、お話をする機会がない年代の方ばかりだったので、とても良い機会であり、経験となりました。
異色のキャンパーの組み合わせでしたが、パーティーに参加したり、サプライズでまーくんの誕生日会をやったり、みんなでマンディーしたり、たくさん楽しい思い出が出来ました。
ワークキャンプが徐々に終盤に近付き、最終日には心待ちにしていたお別れ会がありました。
お別れ会を楽しみにしているというと語弊があるのですが、そのパーティーでロングハウスの皆が集まり、皆でワイワイしながらお昼から準備する、私はその準備段階も含めて大好きです。


今までは、最終日に近付くのが寂しくて切ない気持ちでいっぱいだったのですが、今回はそんな気持ちよりも、ロングハウスの皆と思いっ切り遊んで、はしゃぎたい!という気持ちの方が勝っていました。この感情が、3回目にして初めて抱いた感情でした。今までのような寂しさや悲しさはあるものの、今いるロングハウスを心の底から楽しむ。そして、帰国はしなくてはならないが、日本で頑張って働いて、また皆に会いに来れば良いんだ!と思えるようになりました。

そして、最後のパーティーを心待ちにしている自分を知り、改めて私はこのロングハウスの”人”が大好きなのだな、と再確認しました。
またすぐに帰ります。
そして、また、みんなと一緒に思いっ切り遊びたいな、と毎日思いながら、日本での生活を頑張ります。
最後に、毎回ながら、健さん・和代さん、私達のお世話やご飯の支度等、本当にありがとうございます。

関連ポスト:

商業音楽の音楽賞