メンバーにとっての第13回 ワークキャンプ

第13回ワークキャンプが2012年9月2日から9日までの日程で行われました。
Workの一つは、Muhhibahセンターの養魚池のフェンスが半分できていたので、続けて残りのフェンスを作ったこと。もう一つは、丘の上まで行く途中に谷があり、橋があります。今回は、橋の下にダムを築き、雨水が下の道路に流れないようにすることでした。ダムをつくって、ここで水を堰き止める、ということは、ここに池ができるということです。ゴトンロヨン以外の日はメンバーもキャンパーと一緒に汗を流しました。

そして、9月14日の金曜日には、マラッカをリーダーに池の周りを形作るためにみんなで泥だらけになって、続きの作業を行ったのです。みんなの夢は広がります。ここには、どんな魚を入れるの?睡蓮がたくさん咲いたらきれいだね。

メンバーは、仲良しになったキャンパーを思い出しながら、作業を続けました。こんな幸せをつくってくれたのは、ワークキャンパーと地域の人たちのおかげだね。

 

極上の笑顔で、楽しそう!

IMG_0386

 

ワークキャンプ中のメンバーの笑顔も素晴らしく、一人ひとりが輝いていました。

 

 

一緒に汗を流して、一緒に遊ぶ。これ最高!

 

 

フェンスもこんなにきれいに仕上がっています。大自然のなかのお魚の居場所が落ち着いて安心。

IMG_6026

 

キャンパーのみなさん、ほんとうにありがとうございました。必ず、またお会いできますように。

メンバー一同より

 

 

 

関連ポスト:

« | Category: サラワク RCS ブログ ,トピックス,ムヒバ(その他) | »
商業音楽の音楽賞