10月Toy Boat Project

10月9日 今回は、ペナンから、アイナさん、ランリーさん、サバから明美さんの3人が助っ人として、参加してくれました。私たちは、10月10日の夕方にスピードボートで、Kapitに到着しました。

DSCF2597

アイナさんが、今回、トイボート用に、たくさんのおもちゃを寄付してくれました。夜は、それらの整理をしました。

 

明日の訪問先の情報を知るために会議をもち、地図でその場所を確認しました。

 

10月10日

朝、食事を終えてから、目的のロングハウスに向かいました。Rajang川からbale川という支流に入り、またその支流に小さいボートで向かいます。そしてロングハウスに到着したのは、40分後です。

 

DSCF2710

 

そこには、生まれる前にお母さんの胎内でいた時の格好そのままのような青年(16歳)が横たわっていました。

みんなで、そっと起こし、手足をほぐしながら、立ち上がらせると、以外にも彼は、両手をとりさえすれば、歩行が可能です。もっとはやくにリハビリをしていれば、彼は歩けたかも知れません。

音も聞こえないということですが、おもちゃを使ってあそんでみました。

 

 

彼の顔に微笑みがみえました。

DSCF2722

 

2 時間ほどあそんで、私たちは、再来を約束して、Kapitの街に戻りました。今日もボートのドライバーさんにお世話になりました。嬉しい一日でした。

 

 

 

関連ポスト:

« | Category: Rajang ToyBoat Project,サラワク RCS ブログ ,トピックス | »
商業音楽の音楽賞