第18回ACEワークキャンプ参加者の声【タロー】

IMG_4404

タロー

僕は初めてのワークキャンプ参加でした。1度祖父が健さんと学生時代からのお知り合いというのもあり、ワークキャンプではなく1度訪れたことはありました。そのとき、是非1度ワークキャンプに参加したいと思いました。ムヒバやロングハウスなど1度は訪れたことがある場所ですが今回のようにたくさん関わることはありませんでした。だからこそ参加したいと思いました。

自分は大学で建築を学んでいます。自分の将来に自分の建築の知識を活かし、健さんのような活動ができたらいいなと思い、今回もそのことが少しでも学べればいいと思いました。しかし、そのこともたくさん学ぶことや良い経験となったことは間違いありませんがそんなことよりも自分の人間性や人との関わり、もっと根本的なことをたくさん学べた6日間になったと思います。イバンの人たちはなにをするにも自分たちで1から作業をする。それも皆と協力して、辛そうにもせず、疲れて休憩してる人にもなに1つ文句を言わずやるときはやる、自分ができることを一生懸命し、楽しそうに作業をする。そんな姿に僕は感銘をうけ、人としての鏡だと僕は思いました。作業のときだけではありません。皆と実質、5日間ほどしか一緒にいなかったけれど1ヶ月くらいいたような気持ちになる。関係も濃く、一人一人としっかり話して関わっていた。だからこそ別れがとてもつらかったです。今こうして色々考え、感想文を書いていますが思い出しても泣きそうになります。作業してても、ご飯を食べてても、ムヒバのメンバーと遊んでいても、夜の討論会もすべてが僕にとっては良い刺激で良い経験で大切な濃い時間でした。日本に戻ってきて数日経ってもそんな毎日に戻りたくなります。楽しかった、良い経験だったそんな言葉では表せないくらい自分の人生にとって大切でかけがえのない時間でした。たくさん思ったこと感じたことがたくさんあり簡潔に書きたいと思ったのですがうまく表現できませんでした。まとまった文が書けず申し訳ございません。ムヒバのメンバー、スタッフ、ロングハウスの家族たち、ワークキャンパー、そして健さん、和代さん、本当にありがとうございました。19歳にしてこんな経験ができて本当に幸せだと今すごく感じています。また絶対に戻ってきたいと思います。

関連ポスト:

« | Category: ワークキャンプ,参加者の声 | »
商業音楽の音楽賞