第13回ワークキャンプ3日目

9月4日(火曜日)

朝は朝礼から参加しました。みんなで、旗(マレーシア・サラワク・ムヒバ・日本)を掲揚し、マレーシア国歌を歌って、一日のスタートです。

朝礼参加

朝礼参加

今日は、メンバーとキャンパーで作業を進めました。主な仕事は、コンクリートこね、池のフェンスを固定する作業ですが、炎天下での作業は、重労働です。みんなすごい頑張りました。一緒に汗をかいて、働く。しんどいけれど、充実感あふれる一体感に元気なかけ声が飛び交いました。
4日、後半から、短期参加のカナちゃんも一緒でした。

 

午後は、目一杯、Muhhibahのメンバーと一緒に遊びました。

 

 

 

 

 

Muhhibahセンターでの1日が終わった後は、ロングハウスで、子どもたちと遊ぶ人、マンディ(川行水)に行く人、それぞれにロングハウスの生活を楽しみました。

 

夜は、討論。今日のテーマは、「9時から24時まで働いて2000万か、この場合はそこそこ働いて600万か(家族との時間あり)」 
このテーマの出題者・司会者は、ワカサマです。

しばらく2グループに分かれて話し合い、最後に合流、多くの意見は、仕事にやりがいや達成感を求め、お金よりも、やりたいと思うことに従事することを願っているようでした。今からがスタート!こうしてみんなで話し合った日を思いつつ、それぞれの道を歩いて行くのでしょう。

 

関連ポスト:

« | Category: 第13回ワークキャンプ | »
商業音楽の音楽賞