第12回ACEワークキャンプ初日

2012年2月20日

第12回ワークキャンプです。今回の参加者は、8名、来客1名、スタッフ3名、合計12名で始まりました。

予定している作業は、Muhhibahセンターの前庭にフェンスをつくること、丘の上の休憩所にベンチをつくること、丘の上の土地をもっと広げて、フルーツの苗木を植えることです。

今日は、まず空港で、全員が顔を合わせました。何回目かの人、初めての人、みんな、これからの1週間を楽しみに、あるいは、不安と期待に心を躍らせながら、出会いました。

空港集合

空港集合

空港の近くで、昼食後、ラジャン川を見て、Sibuの川の雄大さを堪能したあと、Muhhibahセンターに移動しました。
Muhhibahセンターでは、内外を見学し、作業の予定等について、説明を受けました。

MuhhibahのMemberがIbanダンスでお迎え

Muhhibahセンターでは、MemberがIbanダンスでお迎え

ロングハウスでは、最初にオリエンテーションをし、次に毎日の討論のテーマをCamper同士で決めました。内容は下記の通りです。
21日火曜日ー境界線、人とのつながり、距離感、友情、居場所について
22日水曜日ー福祉とは何?
23日木曜日ー働くということ
24日金曜日ー目指すもの、夢、挑戦、生き甲斐、将来への願い、どんな人になりたいか?
その後は、早速、長い廊下で、ロングハウスのみなさんと交流です。
リピーターの方は、再会を喜び合い、初めての方は、かわいい子どもたちと早速、遊び、楽しみまた。

 

夜は、ロングハウスの人々のウエルカムパーテイです。自己紹介のあと、’みんなでおそくまで、語らいました。

関連ポスト:

| Category: 第12回ワークキャンプ | »
商業音楽の音楽賞