第4回ACEワークキャンプ参加 【あやなちゃん】

あやなちゃん

あやなちゃん

 以前から海外でのボランティア活動というものに非常に興味があり、今回友人から話を聞いて参加したのですが、初めは約10日間もの日数を、初対面の人と慣れない環境で過ごす、ということに人見知りをしてしまう私は不安がありました。

しかし、いざ行ってみたら、キャンパーの皆をはじめ、ロングハウスの人々や健さん・和代さんが温かく歓迎してくれて本当に毎日楽しく笑って過ごすことができました。

ワークは炎天下の下、汗だくで大変だったりして、日本にいた私ならとっくに辞めていた作業も、何故だかあそこだと、自ら“やりたい!”という意欲がドンドン湧いてきて、ずっと楽しくて笑いながら作業して…なんて、自分でも新たな自分が見えた気がしました。今思うと、きっと、働いているマラッカやナンシー・ポー リンなどセンターの人たちやシーマやジョシュアのスタミナのすごさや底知れない元気、あとは何よりもキャンパーの皆の頑張りや助け合い…皆の笑顔や頑張って働き続けている姿に知らず知らずに励まされていたのかなぁ~なんて思います。

ロングハウスでの生活は、毎日本当に楽しくて、後半は暇さえあれば廊下に出て遊んでました。バドミントンしたり、マンディーの川に行って遊んだり、魚焼いたり、子供たちとお散歩に行ったり・・・本当にみんな可愛くて悪くって、でもすーっごく温かくて。おばぁちゃんたちにもマッサージしたり、一緒にお酒飲んだり …何もかもが本当に充実した日々で書ききれません!(笑)

今回、ボランティアということで参加しましたが、実際には貴重な経験ができて、素敵な出会いがあり、たくさんの思い出があって、新たな自分が発見できたかけがえのない場所。そう呼ぶほうがなんだか私的にしっくりきます。
初めは行って作業してただ帰国するだけ。その期間で少しでも成長出来たらなぁ~なんていう考えがあった自分がいたけれど、いざ帰国するとなったらそれはもう帰りたくなくて帰りたくなくて・・・(笑)ロングハウスの子供たちや皆ともぅ当分は遊んで喋って笑って…っておいうのが出来なくなって、キャンパーの皆とも 離れ離れになってしまうと思うと、心の底から“時間がとまれ!!!!”ってずーっと思ってしまう位、帰りたくなかったです。

このワークキャンプに参加した後、日本に帰国して多くの事に気が付きました。まず、シブでの約10日間、1つも嫌だな~とか面倒くさいな~とかという感情が自分の中に生まれなかったということです。だ から、日本では時々出てくる会いたくない自分・嫌な自分に一度もならなかったという事をすごく嬉しく思えます。それから、夜の討論やその後のお喋りの時間で得た皆の価値観や物事の考え方、意見が本当に勉強になったし、自分の成長にも繋がったんじゃないかな、と思っています。日本には物が溢れているし、何よりも急がな くちゃいけない!と感じることが多いな、と帰国してから感じました。帰国してからの自分には少し余裕があり、自分の中に自分の時間が流れる生活が出来ました。ロングハウスの生活ではせかせかせずに、マイペースで出来る、というのも、自分の中に少し余裕ができた理由なんじゃないかな~なんて思っています。けれど、日本 で生活していると知らない間に急いで窮屈になって余裕もなくなって…という具合になってしまうので、私には定期的に帰ることが必要だな、と感じました。

あっ、あと、ロングハウスから帰ってきた私は、自然ともう、『ロングハウスに行く』ではなく『ロングハウスに帰る』という感覚になりました。(笑)
今回参加したキャンパーの皆も本当に心が優しくて温かい人たちばかりで、ずっと繋がっていたいな、と思える人たちとの貴重な出会いとなりました。

また近々帰るので、その時にはまた面倒見てください。
本当にたくさんの様々な事を、ありがとうございました。

あやな

関連ポスト:

« | Category: 参加者の声 | »
商業音楽の音楽賞