第7回ACEワークキャンプ参加 【あやな】

あやな

あやな


2009年の夏のワークキャンプ。

今回で私は3回目の参加となりました。
この3回は、キャンパーも違えば行う作業も違う。
毎回内容も違うので、毎回得られる物や事柄が異なります。

今回のキャンパーは、大学生の女性が私を含め5人、そして男性のキャンパーは学生が一人もいなく、皆さん社会人の方ばかりという、少し変わった組み合わせでした。
しかし、討論や作業の時に、普段はあまり接点が無かったり、お話をする機会がない年代の方ばかりだったので、とても良い機会であり、経験となりました。
異色のキャンパーの組み合わせでしたが、パーティーに参加したり、サプライズでまーくんの誕生日会をやったり、みんなでマンディーしたり、たくさん楽しい思い出が出来ました。
ワークキャンプが徐々に終盤に近付き、最終日には心待ちにしていたお別れ会がありました。
お別れ会を楽しみにしているというと語弊があるのですが、そのパーティーでロングハウスの皆が集まり、皆でワイワイしながらお昼から準備する、私はその準備段階も含めて大好きです。


今までは、最終日に近付くのが寂しくて切ない気持ちでいっぱいだったのですが、今回はそんな気持ちよりも、ロングハウスの皆と思いっ切り遊んで、はしゃぎたい!という気持ちの方が勝っていました。この感情が、3回目にして初めて抱いた感情でした。今までのような寂しさや悲しさはあるものの、今いるロングハウスを心の底から楽しむ。そして、帰国はしなくてはならないが、日本で頑張って働いて、また皆に会いに来れば良いんだ!と思えるようになりました。

そして、最後のパーティーを心待ちにしている自分を知り、改めて私はこのロングハウスの”人”が大好きなのだな、と再確認しました。
またすぐに帰ります。
そして、また、みんなと一緒に思いっ切り遊びたいな、と毎日思いながら、日本での生活を頑張ります。
最後に、毎回ながら、健さん・和代さん、私達のお世話やご飯の支度等、本当にありがとうございます。

関連ポスト:

« | Category: 参加者の声 | »
商業音楽の音楽賞