第7回ACEワークキャンプ参加 【しなぴょん】

しなぴょん

しなぴょん



ほんとうにきてよかった。
この一言に尽きます。
今でも目を閉じたら私の目の前に広がるマレーシアの空。みんなの笑顔。
また絶対戻ってきたい、そう思う場所でした。
思い出したらきりがなくて、何書けばいいのかわからなかったので、むこうで感じて、これからこうしようと思ったこと、書きます。
●人の温かさ
むこうで生活していると1秒たりとも感じずにはいられない。ここに来て、人ってこんなにあったかいんだぁって感じました。笑顔で話しかけてくれたり、お母さんみたいにあれこれ通じないイヴァン語で世話をやいてくれたり、そうそうみんなお腹の心配まで。。。人 対 人 の大切さを思い出させてくれました。ほんとにありがとう。
●解放感
空を見て、日本みたいに空を狭くする馬鹿でかい建物なんか一つもなくて、本当に「空」だけがただただ広がっていて、目を閉じて耳を澄ませると、風が吹く音と、鳥がなにかいっている音が聞こえて、ものすごく気持ちよくて、わたしって自由なんだなって思いました。時間、やらなきゃいけないこと、周り、気付かない間にいろんなものに縛られて本当にやりたいことを置きっぱなしにしてたことを思い出しました。ありがとう。
●贅沢
日本は良くも悪くも早いことがいいと思われているところがあると思います。友だちと話しながら手で洗濯をする。みんな揃ってご飯を食べる。豚に餌をあげる。小屋をみんなで1から作る。廊下でみんなとお昼寝する。フルーツを採りにいく。歩いてムヒバまでいく。あっちの人にとっては当たり前のことも、私には自分がすること対して丁寧なことってとても贅沢な時間の使い方の様に思えました。日本にいても時間を、物を、そして自分を、丁寧に扱えるひとになりたいな。
●若さ
イヴァンの方々、大人から子どもまでみんな若い!!!!そしてみんな目がきらきらしている。ムヒバのみんな、元気!!!!年齢、障害、関係なく、ほんとにみんなのパワーには圧倒させられパワーをもらう毎日でした。どこからあんな活力湧くのかな?食べ物、自然、人、環境、いやほんと素敵だな。今度一度探ってみたい。
それから自分の未熟さ。特に討論の時の政治に対しての無知さ。若いといっても来年にはもう二十歳。有権者になるからということだけではなく、自分の国がいまどういう状況にあってこれからどこに向かっていくのか、知ってて当たり前。ゼロからだけど、きちんと勉強しようと思いました。
●感謝
もーこの言葉に尽きる。健さん、和代さん、土屋さん!マイケルさん、ポーリン、マラッカ、ジェニー、なうピー、なかちゃん、くみーにょ、AYA NA!マー君、ソバ、イマナラ、ウィルソン、あのお母さん、その息子・・・だめだ書いたらきりがない!!!!ほんとみんなにありがとうを言いたい。何にかっていったらそりゃすべてに。
わたしがこれからやるべきことは、ここで感じたこと、与えてもらったこと、教えてもらったこと、とにかくたくさんのかけがえのないことを、ここで感じてここで終わりにするんじゃなくて、これからの人生、大学生活、朝の挨拶、自分自身につなげていくことだと思いました。
●最後に
無事に帰ってくることができました。健さん、和代さん、ご心配、ご迷惑おかけしました。
土屋さん、本当に申し訳ありませんでした。そして本当に本当にありがとうございました。
日本語にありがとう以上の感謝の言葉を作りたいくらい感謝しています。同時に反省も。
次回お会いする時には、きちんと自分のことくらいはできるように日々努めます。
本当にありがとうございました。
あーまだまだ書きたいことがいっぱいだ。
がしかし、多分書いても書いても言葉なんかじゃあそこのよさは伝えられない。
私文章力ないしな。
この意味がいった人なら分かるだろうしまだいってない人はいってみればわかるからここらへんでしいなのイヴァンの旅はお終い!
今日も1日HAPPYでした!
明日は「明るい日」!!
以上です。

関連ポスト:

« | Category: 参加者の声 | »
商業音楽の音楽賞