第15回ACEワークキャンプ参加者の声【ヒメ】

ひめ

ひめ

真のゆたかさを求めて

ペナンとサラワク州にあるディセンターの取り組み視察研修に参加したのが、2008年だったと思います。

その時、私はメンバーの中で一番若かったのですが、前回も今回もメンバーの中では最年長とあって、若いメンバーたちに助けられながらの参加となりました。

ワークキャンプへの参加は、今回で4回目。行くたびに気づきと発見と学びがあり、何よりも私がわたしらしくいられる心地よさがあります。

貧しかった私の幼少時代が、実はとても豊かだったと気づけることは、心の糧になります。近代文明の発展とともに、本土に追いつけ追い越せの教育を強いられた沖縄が失ってきたものが、ここイバンにはあるからです。

ゴトンロヨンはユイマール、会った時の「マカイマカイ」は「ごはんたべたねぇ~」会う人々と交わすあいさつや、その他諸々の生活習慣や遊びなど、ふるさとに帰ってきたような懐かしさがあります。

鶏や豚をつぶしていただく命の営みも、沖縄だけでなくかつては日本にもあった光景です。

東北で震災が起きて2年余・・・日本の政治や私たちの暮らしはどう変わったのでしょう?

なかなか進まない震災地復興支援、原発の問題、経済発展の裏で飢えをしのぐ人々、格差社会はますます拡がり、繋がりという言葉が独り歩きし、私たちの心はどこか渇いています。笑顔を忘れた人々の表情に、この先日本はどこに向かうのだろうかという不安を覚えるのは私だけでしょうか。

イバンのロングハウスやムヒバ・ディセンターは、そんな不安をリセットさせてくれる場所です。あらゆるものとの共生、食べていければ良いという質素な生活、共同で暮らす人々の生き方、心に壁のない笑顔~言葉は通じなくても通じ合えるものがあることに、心が解きほぐされ和んでいきます。

今回、キロロの「未来へ」が、イバンの人たちに受け入れられ、一緒に声を合わせて歌えたことは、驚きと同時に喜びでもありました。良い歌は国境を超えるって本当だねぇ~

今回も参加できて良かった!豊かで贅沢な時間でした。

中澤夫妻をはじめ、毎回ヘルプしてくれる土屋さん、メンバーのくりけん、タムタム、なっちゃん、むっちゃん、さらちゃん、シバミーみんなに出会えて、幸せな時間を頂きました。ありがとう~!またお会いしましょう。

関連ポスト:

« | Category: 参加者の声 | »
商業音楽の音楽賞