第15回ACEワークキャンプ参加者の声【シバミー】

IMG_0622

 シバミー

7日間という短い期間でしたが、何から何まで準備やお世話をしてくださった、健さん・和代さんありがとうございました。

今回のワークキャンプに参加してよかったと思うことは3つありました。簡単ですが書かせていただきます。

1つ目は、ムヒバでの体験です。言葉でいうのは簡単ですが、あそこには本当の「調和」があったように思います。健常者・障がい者という言葉が意味をなさない、そんな空間でした。ブランコでみんなと一緒に揺られていた時間が忘れられません。

2つ目は、ロングハウスでの生活です。電気もなければ、お湯も出ない生活でしたが、思った以上に快適な生活が送れました。ロングハウスの住民たちは、たとえ言葉が通じなくても、僕らを温かく迎え入れてくれているのが肌を通して感じられました。

3つ目は、キャンパーとの出会いです。年齢も違えば、バックグラウンドも違う6人との出会いは本当に貴重なものでした。最年少ということもあり、たくさん可愛がられもしましたが(笑)キャンパーのみなさんは、小さな幸せを大切にできる人たちでした。これからも連絡を取り合っていきたいです。

幸せとは何か、そんなことをゆっくりと考えさせられる1週間でした。

東京に帰ってきて、なんだか違和感を覚えたことが忘れられません。それは、人の多さであったり、流れる時間の早さであったり、街の表情であったり。しかし、キャンプから帰ってきて1か月もたつと、そんなことを普段思い返すこともなく、せわしない東京で自分も足早に毎日を過ごしています。

あそこでの体験、感じたこと、考えたことを大切にしながら、これからの自分を生きていきたいと思います。

 

関連ポスト:

« | Category: 参加者の声 | »
商業音楽の音楽賞