第16回ACEワークキャンプ参加者の声【Marie】

IMG_0968

Marie

(下方に日本語訳を付記させてもらいました)

Muhhibah Daycenter and Iban Longhouse people When I came the first day to the Muhhibah daycenter, and because of daily moments like shifting a child from the car into the wheelchair, taking care for each other, I couldn’t make sure whom to considere as member and whom as staff?
And I realised, it’s not the first priority to find out. Everybody is able to do something and to use ones skills.
Weaving, dancing, playing instruments, taking care or making jokes.
Everything has a value and quality.
I was surprised about the smiling and enjoying people around me and their responsibility to help and support each other as much as possible. Muhhibah members self confidence, their smile and open heart impressed me a lot.
As staff, to reach this understanding level, it looks like a long training behind and need of discussions before.
I´m really impressed, how respectful they treat each other. I realised again, it´s not important WHAT we, it is the way HOW we do it.
And, me as a teacher, I hope in challenging moments will remeber them and their strength as good examples.
(..Don´t hesitate, be “Jenny”..:))
I’m glad to know the muhhibahs staff, and many other helpers behind, working together, to make muhhibah daycenter possible. During the week I only got an Idea about the Iban culture, muhhibah day center and their daily life, things they enjoy and challenges they have.
It was a pleasure to meet Michael and the other longhouse people! Iban are very peaceful and friendly. And they do live side by side on a social and democratic base.
They made me curoius to understand their culture more and more, because I think we can learn a lot from their life wisdom!

Volunteers
Before I came to Mr. Kens Longhouse and to his volunteerproject, I couldn´t really imagine, what expects me there.
I remember on my arrival, when I was sitting in a taxi and some friendly people knocked on my window, they turned out as Mr. Kens wife Kasuyo and volunteers like me.
From the first moment I really felt welcome and I knew a quite interesting and very understanding time will start for me.
And despite of challenges like different languages, we shared a wonderful time togehter.
I remeber despite of the hard job we had to dull fill, mixing cement under the hot sun, it was fun time.
First I was wondering how can so many people work togehter with only few tools. But than I realised, that everybody is working on his hown tempo.
Everybody is responsible for him self. So part of the group was working and using the tools, while others took a break.
The delicious barbeque afterwards was a eciting event. And for my self it was te first time I ate snake..uuh;) And besides working and taking every meal together, we swim in the river and spent time with hanging out afterwards together, I really enjoyed and appreciate the daily discussions in the evening we had as well.
And I was surprised about the similar way of talking and having discussions about certain topics, like with my friends during my teacher training.
I was surprised about the honest and so opened personal questions we talked about. I could´n imagine, that those openminded and honest people considered them self as shy persons. It was a very warm and and heart opening experience, and there I felt was not necessary to hide ourselfes anymore.
I think the balance of different people, in different age, from different places, with a warm intention created this harmonic atmosphere, where everybody could join and grow with.

Thank you guys for the wonderful time we shared and the culturale exchange we had.
This group of wonderful people made me curious to know more about Japan, the history, culture and the people itself.
I hope one day can meet you in Japan again!
Thank you guys, it was a pleasure to teach you “Slow walzer”, I hope you take as good note away:) I´m so glad and only thankful that I could be part of your group!
And I can only repeat:
I´m really blessed, that I met the right people on the right place at the right time.
Thank you Ken and Kasuyo, you made it possible!

And thank you Hideki to help with translation!

Marie

(日本語訳)

ムヒバデイセンターに行った最初の日、みんなで、お互いに注意深く、子どもを車から車椅子に移動する様子を目にした瞬間、私は、誰がスタッフで誰がメンバーかわかりませんでした。そして、誰がスタッフか、誰がメンバーかというのは、最優先課題ではなく、それぞれが自分ができることをするということが大切だということに気づいたのです。
織物や、作品作り、ダンス、楽器を使った音楽や遊びなど、全てにおいて、お互いに話し合ったり、冗談を言い合って、それら全てが価値ある質の高さをもっていました。
私は、人々が私の周りで、お互いを助け、支え合い、微笑み合って楽しんでいる姿にほんとうに驚いたのです。ムヒバの人たちの自信や、微笑み、率直さに本当に大きな感動を覚えました。
ここのスタッフがこのようなレベルに到達するには、長いトレーニングや、これまでの多くの議論があったと思われます。どうしたらこのようにお互いを尊重するケアーが可能なのか、私は本当に感動しました。でも、何故?というのは我々には重要なことではないと気づきました。それをどう実行するかが大切だと実感したのです。
そして、私は、教師なので、このような良い例と彼らの叡智を忘れないように心がけたいと思います。(Jenny、頑張ってね)
私は、ムヒバのスタッフに会えてよかってです。また、ムヒバデイセンターをつくるために一緒に働いてくれる多くのヘルパー(住民)が背後にいることがわかりました。
この1週間、私は、イバン族の文化やムヒバの日常生活(楽しむこと・挑戦すること)について、考える機会を得ました。
ロングハウスのマイケルや他の人々に会えたことも私の喜びでした。ここの人たちは、とても平和的で友好的です。そして彼らが日常を過ごす社会は民主主義に基づいています。
私たちは、彼らの生活の知恵から多くのことを学んだり考えたりできると思います。そして彼らは、彼らの文化を私がより理解するために私と宴をもちました!

私は、健のロングハウスに来る前、このボランティアプロジェクトについて、何をするのか、ほんとうにイメージできませんでした。
私は、集合場所に到着した時のことを思い出します。私が、タクシーのシートに座っていると、親しみやすそうな人たちが窓をノックし、私だとわかると、健さんと和代さんのところにそのことを伝えに行きました。その瞬間、私は、歓迎を感じながら、このプロジェクトの私自身のスタートを切りました。そして、異なる言語での挑戦にもかかわらず、私は素晴らしい時を共有したのです。
作業は、厳しい(暑い太陽の下でのたくさんのセメント混合)にもかかわらず、私には楽しい時間でした。最初、少ない作業器具で、こんなに多くの人が一緒に働けるのか、と心配でした。しかし、それぞれの人が自分に合う速度で働いていることが理解できました。みんなそれぞれが全体の一部の責任をもっていましたし、あるグループが休んでいる時に、別のグループが作業器具を使っていました。休んでいる人たちは、その間、語り合っていました。仕事のあとは、おいしいBBQのイベントがありました。そして、私の初体験(蛇を食べた!)もありました。また、毎回、おしゃべりをしながら昼食をとりました。

働いたあと、私たちは、ロングハウスの脇の川に入って楽しい一時を過ごしました。

毎夜の討論も楽しむことができ、感謝しています。そして、私たちと似たような方法で、特定課題について、討論できたことに驚いています。まるで、私の友人たちや教員養成の間にある議論に類似したように。みんな個人的な課題や疑問について、とても正直で、それは想像の他、心温まる経験でした。私はもう、自分自身を隠す必要はありませんでした。異なる文化や年齢、異なる場所から意図をもって参加した人たちのバランスがこの調和的な雰囲気をつくり、これによってお互いに成長できたと思います。

このような素敵な時間を共有し、異文化交流の機会をもつことができたことについて、みなさんに感謝します。このグループの素晴らしい人々が、私を日本の歴史や文化や民族自体をもっと知りたいという思いにさせてくれました。

私はいつか、日本でみなさんに会いたいと思います。

ほんとうにみなさん、ありがとう。感謝しています。

そして、健さんと和代さん、ありがとう!あなたたちがいたからこの体験ができたと思います・

そして、ヒデキさん、通訳をはじめ、いろいろな助けをほんとにありがとう!

 

関連ポスト:

« | Category: 参加者の声 | »
商業音楽の音楽賞