第17回ACEワークキャンプ参加者の声【ぶんちゃん】

1

ぶんちゃん

前回、初めてワークキャンプに参加して、利用者とスタッフの間に垣根がなく、たくさんの笑顔で溢れているムヒバでの交流、温かさと優しい笑顔があるロングハウスでの生活は自分にとって忘れられないものとなり、帰国してからもマレーシアに帰りたいと思う程かけがえのない場所となりました。ムヒバとロングハウスは自分にとってまるで夢の国のような場所で、ぜひまた行きたいと思い、今回も参加しました。

 ムヒバでのワークと交流は、本当に毎日が楽しくて、その空間にいるだけで幸せな気持ちになれました。みんなが笑顔だから、自分も自然と笑顔になれる、本当に本当に素敵な空間だなと思いました。昼休みにムヒバソングを皆で歌っているときなど、しみじみと「ああいいなぁ」と幸せに浸っていました。幸せに浸りながら、何故ムヒバはみんなの笑顔溢れる、心地よい幸せな場所なのだろうかとふと思いました。そして、その理由考えたとき障がいの有無などに関わらず、ここではみんなが一人の人としてお互いを受け入れているから、みんなが居やすさを感じ、笑顔がたくさんあるのではないかと思いました。前回のワークキャンプでは、心が楽しさと幸せに満たされていましたが、今回は楽しさと幸せに加えて、自分の中に“今、自分がここにいれる幸せ。”この場所にいられることへの感謝の気持ちが自然と湧いてきました。自分がムヒバ、ロングハウスにいて、たくさん笑顔になれて、幸せを感じられることに感謝しなければならないと思いました。

 また、ワークキャンプを通して、将来や自分の進む方向、自分自身について見つめることが出来ました。進路について悩んでいましたが、ワークをしながらスタッフのシマに将来について相談したところ、自分がEnjoy and Happyと思う方に進めば良いというアドバイスをもらい、キャンパーの方々からも自分の楽しい、やりたいと思う方に行けば良いという言葉をいただきました。自分に素直にEnjoy and Happyな方に進んでいこうと思いました。

 ワークキャンプは本当に毎日が楽しくて、心の交流をしながらペンキを塗ったワーク、みんなで歌ったムヒバソング、ロングハウスでの交流、やみつきになったマンディスンガイなど、どれもワークキャンプで過ごした時間はとても素敵な時間で、大切な大切な宝物です。ワークキャンプに参加して本当に良かったと心から思うとともに、健さん、和代さんには本当に感謝申し上げます。

 最後になりましたが、ムヒバのみなさん、ロングハウスのみなさん、キャンパーのみなさん、土屋さん、そして、健さん、和代さん、今回のワークキャンプで出会えた方々に心より感謝します。本当にありがとうございました。

関連ポスト:

« | Category: 参加者の声 | »
商業音楽の音楽賞