第17回ACEワークキャンプ参加者の声【クリケン】

9

クリケン

三回目のワークキャンプから帰って来て思ったこと‥一回目二回目の時は強く思ったのに、今回はほとんど思わない‥それは逆ホームシック!笑
東京では当たり前の熱いシャワーをわざと常温で浴びてみたり、川で洗った服を洗わずにいつまでも 着てみる。人混みが以上に嫌いになったり南国の果物をわざわざ探してみる。
今回はその感じが全くない。。
なんでだろ?‥三回目だから慣れちゃった?けっこう薄情だな、俺。なんてちょっと思ったがすぐになんでかわかった。。なんでだろ?‥三回目だから慣れちゃった?けっこう薄情だな、俺。なんてちょっと思ったがすぐになんでかわかった。。
あそこは俺にとって天国でも夢の国でもない‥「故郷」。
今を生活する東京の空と確実に繋がっている、確実に存在している俺の「故郷」。帰りたくなったらまた帰ればいい、ワークキャンプがなくても帰ればいい。今でも俺の心の拠り所ではあるけれど、縋り付く必要はない。そんな弱い自分を出したらイバンの男衆に笑われる。強くなったってことなのかはちょっとわからないけれど、こうしている今もムヒバのみんなやロングハウスの人達をなんとなく感じる。
さぁ次帰る時は向こうで何ができるかいろいろ考えてみよう。四回目はもっと何かができるはずだ。以上が今回の第十七回ワークキャンプの感想です。相変わらずのヘンテコな文章ですが、よろしくお願いします!
健さん和代さんツッチー、ありがとうございました!!

関連ポスト:

« | Category: 参加者の声 | »
商業音楽の音楽賞