第12回ACEワークキャンプ参加者の声【エビちゃん】

 

2012.3.3 ken 1346

2012/2/20 ワークキャンプを終えて

2月20日~26日で行われた7日間のワークキャンプ。ワークキャンプが終おわり、早何日経つのだろうか…。日本に帰った今、私は毎日のようにワークキャンプのことを考えています。キャンプでみんなと過ごした写真を見て、とても幸せな気分になり、そして急に寂しくなり「Malaysiaに帰りたい」と毎日、毎日心の中でもう一人の自分が叫んでいます。それは、心暖かい中澤さんご夫婦、Muhhibahのメンバー、ロングハウスのみなさんに逢える場所だからこそ毎日そこの場所に帰りたいと思ってしまうのです。

このワークキャンプを通して私は無意識に私自身が忘れてしまっていることに気づかされました。それは、「笑顔」・「人のつながり」、そして「人の温かさ」改めて気づかされました。

初めてMuhhibahを訪れた時にMuhhibahのメンバーは、笑顔で快く迎え入れてくれたことを今でも鮮明に覚えています。私は今まで日本の障害者施設を訪ねたりしましたが、みんなが笑顔で受け入れてくれたことはない印象が強く、笑顔で迎えられた時には驚きの方が大きかったです。そして、ワークキャンプを進めていくと、Muhhibahメンバーの自然な優しさが色々な場面で伝わってきました。メンバー同士での助け合いや、メンバーと一緒にペンキ塗りをした時に、手に付いたペンキがなかなか落ちないのを見て、言葉は通じないのに空気で感じ取り何も言わずに、私の手を片方ずつ洗ってくれ彼らの優しさにはいつも心が温められていました。

ロングハウスのみなさんやゴトンロヨンでの作業は、地域の人たちのつながりの強さにビックリしました。そのつながりは、ワークを通しているともの凄く伝わってきました。自分が出来ることを出来る範囲を行いながら、息の合った作業に本当に人とのつながりを意識していないで作り上げていることが私には初めて見る光景だったので驚きとまた心が温まり、作業がとても楽しく行えました。

そして、何よりもワークキャンプを共に過ごしたメンバーとの出会いもとても私にとって大切な出会いでした。夜、みんなで輪になり行った討論会は私の中で今まで考えられなかった考え方や価値観など本当に勉強になることだらけでした。また、このメンバーで沢山話がまたしたいと思っています。

こうして、私自身が私らしくワークキャンプを行えたのも中澤さん夫婦を初め、土屋さん、Muhhibahのメンバー、ロングハウスのみなさん、ゴトンロヨンのみなさん、ワークキャンプのメンバーのお陰だと思っています。素敵な感動と思い出をありがとうございました。

あの広い空と星空、そしてゆっくりとした時の流れの中で感じられる人の温かさがある素敵な場所に必ずまた逢いに行きます!そして、自分が植えた木にも逢いに行きます!

最後に、Terima kasih & Jumpa lagi !(エビ)

関連ポスト:

« | Category: 参加者の声 | »
商業音楽の音楽賞