第13回ACEワークキャンプ参加者の声【ひいちゃん】

IMG_0191

ひいちゃん

今回は二度目の参加でした。

まず何より、一年前までは知りもしなかった異国の地に、いつでも帰ってこられる場所ができたこと、いつでもあたたかく迎え入れてくれる家族ができたこと、とっても嬉しく思います。

また、ムヒバのメンバーやロングハウスの子どもたちと関わる中で、一年前と比べて「こんなことができるようになってる!」「表情が出てきた」と、成長や変化を感じる瞬間が多くありました。これから先どんな風に変わっていくのかが楽しみです。

今回もメンバーとの触れ合いの中では言葉の壁を感じませんでした。言葉でのやり取りは少なくても一緒にいて心から笑える、共有できる。これってすごいことだと思うんです。

そんな中で、自分の名前を呼んでもらうって嬉しいことなのだと気付きました。すれ違った時、挨拶の時、遠くで目が合った時、どんな時でも名前を呼ばれると自然とにこっとしちゃいます。自分だけのスペシャルなものだからこそ、呼ばれたいし呼んであげたい。当たり前すぎて考えたことなんてなかったけれど、こうやって改めて小さな喜びを発見~♪

ロングハウスでは毎日子どもたちから集合がかかり、たくさん遊んでもらいました。元気いっぱい、正面からぶつかってくる子どもたちと過ごす中で、眼差しであったり、抱きしめたり手を繋いだり、言葉以外で伝わる愛を感じました。私は春から幼稚園で働きますが、日本で言葉が通じる中でも、こういったあたたかさを忘れずに子どもと時間を共にしようと強く思いました。

WCの一週間は毎日が充実しすぎていて本当にあっという間でした。和代さんからの「ひーちゃん、毎日超楽しいって言ってるね~」の言葉、本当にその通りです。

出会い、再会し、大切にしたい人がまた増えたこと、幸せだな~と感じます。本当にありがとう。

さぁ、今度はいつロングハウスに帰ろうかな♪

Hiori Ishii,JPN

関連ポスト:

« | Category: 参加者の声 | »
商業音楽の音楽賞