第12回ACEワークキャンプ参加者の声【モリモリ】

037

たくさんの感動をありがとう。

今回初めての参加であること、専攻が福祉関係でないことなどから不安を抱きながら参加を決意したことを覚えています。しかし実際に参加してみると、そんな不安なんか吹き飛ぶくらいのたくさんの笑顔に出会え、日々充実を感じながら過ごすことができました。

ムヒバのみんなは各々ができることをしていて、互いに手を取り合っているのが印象的でした。また、何に対しても一所懸命で常に笑顔でいる様子は一緒にいて「素敵だな、自分も頑張らなきゃ」と思えるほどでした。ムヒバのスタッフやみんなとの出会いは、障がい者や施設といったもののについて今一度考えさせられるものでした。

ロングハウスでの生活、イバンのみなさんの生き方は非常に魅力的で日本でも似た生活ができないものかと思うほどでした。ロングハウスは長い共同の廊下がコミュニティースペースとなっていて、そこで一緒に子供たちと遊んでいたり、お酒を飲んだりしていると家族や人のつながり・あたたかさが強く感じられました。また、ロングハウス間のつながりも強く、ゴトンロヨンでは必要なものを作るのに互いのロングハウスを行き来し助け合っているとのことで、今回もムヒバにフェンスを作るのに多くの人が集まっていてボランティアや仕事とは違う働く様を見ること、一緒に体験することができました。

イバンのみなさんやムヒバのみんなと過ごす時間は、本当に刺激的で楽しいものでした。それはただ非日常であることから感じるものではなく、そこに人のあたたかさやつながりがあったからだと思います。

健さん和代さんをはじめキャンパーやムヒバのみんな、ロングハウスの皆さんと過ごした一週間は非常に貴重で、今まで過ごしたどの一週間よりも濃密で刺激的なものでした。帰るときには本当にまだまだ居たくて、「飛行機が離陸しなければまだ残れる」と思うほどでした。こんな素敵な一週間を過ごさせていただき皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。

また絶対みんなに会いに、植えた果物を食べに行きます。次会う時に少しでも成長した自分が見せられるように、この一週間の思い出を活力に日本で日々精進していきたいと思います。

本当にたくさんの感動をありがとうTerimaKasih (モリモリ)

関連ポスト:

« | Category: 参加者の声 | »
商業音楽の音楽賞