第13回ACEワークキャンプ参加者の声【ニッシー】

IMG_0100ニッシー

第13回 ACEワークキャンプに参加して

ワークキャンプから家路に着き数日が経ちました。

夢の世界から現実の世界へ戻った様で不思議な感覚があります。 学校を卒業をしてから仕事をし、このようなワークキャンプに参加したい気持ちはありましたが 残念ながらこの年まで参加する機会がありませんでした。

15年働いていた職場を退職し、心機一転という時に叔母からワークキャンプの話を聞き何かに 吸い寄せられるように躊躇無く参加を決意したことを覚えています。

とはいえボルネオという初めての地、不安を抱きながら参加をしましたが 日々のワーク、討論の中でそんな不安は消えていきました。 日々のワークでは、池の周りのフェンス造りと山の上のダム造りが主な仕事でした。 ムヒバのメンバーが各々のできる範囲の作業を笑顔で楽しみながらしている姿や ゴトンヨロンで地域の方々が参加し協力し合って息の合った作業をしている姿がすごく素敵な光景でした。 日本語で簡単に言うと『共生』という言葉がしっくりとくる感じです。

作業の休憩時間にマラッカが突然ギターを持ち出しアンドリューウと歌でセッションした時は、 日常でもコミュニケーションをとっている姿が目に浮かび目頭が熱くなりました。

そして、ワークキャンパーと共に過ごした中での討論は、年齢の垣根を越え皆が真剣かつ前向きに 経験談、考え方、価値観を話し合いとても得るものが多く、こういった活動をすることで互いを知り深めていく事ができることを 学び今後の自分に影響を与えてくれる財産となりました。

語りたいことはたくさんあります。ロングハウスがコミュニケーションスペースを兼ねたすばらしい建物だということ、 一緒に過ごしたワークキャンパーのこと、近藤辰巳さんという立派な方がいらしたこと、70歳の健さんがキャンパーと一緒に同様の作業をすること、 皆で山小屋に行き嵐にあったことなど色々語りきれません… このような貴重な体験と機会、ムヒバの様な施設を開設した健さん、和代さんにこころからの感謝と尊敬の念を抱きました。 土屋さん、あたたかいサポートと大人の経験談ありがとうございました。

第13回ワークキャンパー(なっちゃん、やっちゃん、ひーちゃん、ハラボー、りーちゃん、ワカ、セイジ、ちかちゃん) 途中参加のかなちょる、山ちゃん、本当に良い経験ができましたこころから感謝しますありがとう。 そして、イバンのみなさん素敵な笑顔・純粋な気持ち・人とのつながりの大切さを改めて気付かせてくれて本当にありがとう。

Aku gaga ati     ムヒバは、様々な人の厳しさ、優しさ、愛等が調和して成り立っている空間だと感じました。

関連ポスト:

« | Category: 参加者の声 | »
商業音楽の音楽賞