第11回ACEワークキャンプ参加者の声【おせん】

おせんちゃん

 

 

 

おせんちゃん              

 

毎年、ACE総会が終わるたびに「現地に行きたい!」と思い、年度末には「あ~ぁ、今年は行けなかった・・・」の繰り返し。今年は、参加できて本当によかったです。

ロングハウス、ムヒバセンターの建物、池・・・、現地報告や写真で見ていたところに実際に立ち体感してきたことで、今までとはまた少し違う気持ちで事務局のお手伝いが出来ている気がします。ACEの仕事をしているとムヒバやロングハウスのみんなのことが目に浮かんできて、とてもうれしい気持ちになります。

ムヒバはとても素敵なところでした。ゆっくりと時間が進み、笑顔と笑い声に満ちていて、とても温かいところでした。メンバーは何をするにも思いっきり楽しんでやっていて、特に、スタッフが利用者と一緒のボールゲームにも数字の勉強のビンゴゲームにも本気で参加し、思いっきり楽しんでいる姿が印象的でした。日本ではあまり見られない光景で驚きましたが、あんなに楽しんで仕事が出来るのは素敵なことだと思います。

利用者は思いっきり遊び、一生懸命作業し、掃除も自分たちでして、何をするにもとびっきりの笑顔で楽しんでいました。ムヒバ大好きという気持ちがぐいぐいと伝わってきました。

ロングハウスのみんなは心温かくて、会えば必ず笑顔で声をかけてくれました。初日も最終日もロングハウスのみんなが私たちを大歓迎してくれていることが伝わってきて本当にうれしく思いました。そして、絶対に踊って帰ってくる!と決めていたポチョポチョダンス。お別れ会で何度も何度も踊ったことは最高の思い出です。お酒の飲み方も印象的でした。小さなコップ1つで一気に飲んでは隣の人へ、また飲んでは隣の人へ、そしてまた自分にまわってくる・・・そんなことをしていたら、ダウンしてしまいました。そのときは、酔ってダウンしたことを反省しましたが、今となってはそれもいい思い出になっています。

事務局のお手伝いをしていなければ、ワークキャンプのことを知らなかったし、みんなとは出会えなかったと思うと、この出会いがとても貴重なものに感じます。人と人との出会いを大切にしていきたいと思います。

中澤先生、和代さん、土屋さん、このワークキャンプでたくさんの出会い、刺激、体験をさせていただきました。本当にありがとうございました。

そしてメンバーのみんな、たくさんの元気をもらいました。出会えて本当によかったです。ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連ポスト:

« | Category: 参加者の声 | »
商業音楽の音楽賞